看護学部 アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

看護学部では、ホスピタリティ教育を基盤に豊かな人間性を育み、専門的な知識と技術に裏付けられた的確な判断力と問題解決能力を身につけます。そして、社会の多様なニーズを鋭敏に察知し、保健医療福祉分野の課題に積極的に取り組み、人々の健康生活の向上と看護学の発展に貢献することのできる看護者の育成を目指しています。したがって、看護学部では、次のような人材を求めています。
 
1. 人間や社会に対して興味と関心をもっている人
2. 相手の立場に立って物事を考え、他者を尊重できる人
3. 物事に主体的かつ積極的に取り組む姿勢をもつ人
4. 看護学を学ぶ上で必要な基礎学力と論理的な思考力をもつ人

求める学生像と選抜方法

本学部では「一人ひとりの個性を活かし可能性を育てる教育」を実施しています。選抜方法においても一人ひとりの個性や可能性を判断するために多様な入試形態を準備しています。 各選抜方法において重視している能力は以下のとおりです。

   
選抜方法 求める学生像
      すべての受験者に共通して求める能力       【人間性・誠実性】
  • 豊かな人間性や感性を有する人
  • 礼儀や態度について自覚のある人
  • ものごとに真摯に取り組む人
【ホスピタリティ・マインド】
  • 相手のことを思いやる人
  • 相手の立場でものごとを考え、他者を尊重できる人
【学習習慣】
  • 自ら学習する習慣が身についている人

【思考力・判断力・表現力等】

  • 知識・技能を活用して、自ら課題を発見し、その解決に向けて探究し、成果等を表現するために必要な思考力・判断力・表現力等の能力を有する人
【主体性・多様性・協働性】
  • 主体性を持ち、多様な人々と協働しつつ学習する態度を有する人
【知識・技能】
  • 基礎的・基本的な知識・技能を有する人
  • 生物基礎・化学基礎を学習していることが望ましい
選抜方法 求める学生像 選考方法
推薦入試で特に重視する
能力
【看護への興味関心】
  • 人間や社会、看護に対する興味関心があり看護職を希望する人
  • 課題を発見し解決に向けて努力できる人

公募制推薦入試

小論文(50点)
面接(50点)
書類審査

【コミュニケーション能力】
  • 人と接するのが好きな人
  • 相手の発するメッセージを適切に受け止め応対することができる人
【表現能力】
  • 自らの考えをもち、他者に考えを伝える能力を有する人
AO入試で特に重視する能力 【看護への興味関心】
  • 人間や社会、看護に対する興味関心があり看護職を希望する人
  • 看護・医療に関わる課題について、さまざまな情報を得たうえで、自分の考えを整理できる人

小論文(50点)
面接(20点)
課題発表(30点)
書類審査

【チャレンジ精神】
  • なにごとにも好奇心や探究心をもって取り組める人
【プレゼンテーション能力】
  • 調べたこと・考えたことを的確に表現し、人に伝える能力を有している人
一般入試・センター試験利用入試で特に重視する能力 【教科学力】
  • 専門課程の学習に必要な教科学力を有している人
  • 一般入試
    学力試験
    調査書(証明書)
  • センター試験利用入試
    大学入試センター試験の成績
    調査書(証明書)
特別入試(社会人・学士)で特に重視する能力 【看護への興味関心】
  • これまでの経験を通して看護に対する興味関心があり看護職を希望する人
  • 小論文(50点)
    面接(50点)
    書類審査
【チャレンジ精神】
  • これまでの経験を活かし、新しい取り組みに積極的に参加できる人
【ケアマインド】
  • 相手のことを思いやるケアマインドのある人

大学入学までに身につけておくべき教科内容と能力

  1. 国語
    ☆ 文脈を読み取り、文意を正確に理解する読解力および自ら考える力およびその考えを適切に表現する能力を身につけておくこと
  2. 英語
    ☆ 英語を通じて、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度と、英語を聞くこと、話すこと、読むこと、書くことなどの基礎的な能力をもとに、情報や考えなどを的確に理解したり、適切に伝えたりする能力を身につけておくこと
  3. 数学
    ☆ 基礎的な数式やグラフ、データの分析などを理解し、それらを活用しようとする態度と、それらを実際に活用して数学的・論理的に考える能力を身につけておくこと
  4. 理科
    ☆ 身近な事物・現象に関する観察能力と科学的に探究する能力を身につけ、正しい自然観が育まれていること、特に、生物に関しては、生物や生物現象への関心と生物学的に探究する態度を持ち、生物学の基本的な概念や原理・法則を理解し応用する能力、また、化学に関しては、物質とその変化への関心と化学的に探究する態度を持ち、化学の基本的な概念や原理・法則を理解し応用する能力を身につけておくこと