資格・就職

卒業生からのメッセージ

ホスピタリティを学んだ学生たちは、さまざまな業界や分野で活躍しています。

【サービス経営学部】 現場で生きるBUNRIのホスピタリティ

BUNRIの多彩な学びを通して自分のやりたいことが見つかった。

【就職先】八芳園

須田 友美さん サービス経営学部 サービス経営学科

現在は、OMOTENASHI部に所属し、お越しいただいたお客様をご案内する係を担当しています。入社して1年が経ち、仕事を任せていただけるようになりましたが、まだまだ覚えることがたくさんあり、この仕事の奥深さ・面白さを感じています。将来の目標は由緒ある八芳園の式場でウエディングプランナーとして働くこと。そのために、今できることを全力で頑張っています。

【高校生へのメッセージ】

実は、現在の職場は、1年次にインターンシップでお世話になったところ。その他にも、在学中にいろいろな職場を体験しましたが、やっぱり自分はここで働きたい!と納得して就職ができました。いまの私があるのはその架け橋となってくれたBUNRIの先生や学びがあったからだと感じています。
須田 友美さん サービス経営学部 サービス経営学科

相手を知り、自分を知ってもらう。コミュニケーション力が自分の強みに。

【就職先】株式会社近畿日本ツーリスト首都圏

西 哲平さん サービス経営学部 サービス経営学科

大人になってからも記憶に残り続けるような修学旅行のお手伝いがしたい。そんな思いから今の職種を目指しました。入社3年目の現在は、国内外の修学旅行の提案・添乗などの通常業務に加え、後輩の指導にも携わっています。大学時代に実践的な学びを繰り返し、コミュニケーション力を培えたことが自分の強みとなっており、仕事のすべての面で大いに役立っています。

【高校生へのメッセージ】

私が、大学で学んだのは、机に向かって知識を得る勉強も大切ですが、どんどん体当たりして現実を肌で感じることはもっと大切だということ。BUNRIは、そのチャンスが非常に多い大学だと思います。高校生の頃は夢や目標が見つからない人も多いと思いますが、とにかく行動あるのみ! 視野が広がれば、なりたい理想の自分にきっと出会えると思います。
西 哲平さん サービス経営学部 サービス経営学科

入居者一人ひとりの意思を尊重できる介護職員の育成に努めています。

【就職先】社会福祉法人 芳洋会 特別養護老人ホーム ひのでホーム

吉野 愛可さん サービス経営学部 健康福祉マネジメント学科

今は、入居者の日常生活の介助や介護レクリエーションの企画などのほか、若手職員の育成に携わっています。難しいのは「安全」と「自立」のバランスをどう考えるのか。安全を第一に考えるのは当然ですが、必要以上の介助は自立の妨げにもなってしまいます。一人ひとりの思いに寄り添い、状態にあった支援ができるよう、自分自身も、もっと知識や技術を磨いていきたいと思っています。

【高校生へのメッセージ】

BUNRIでの4年間は、自分の視野を広げ、将来について考える貴重な時間でした。皆さんも自分の中にある興味や関心を大事にして、いろいろなことに挑戦してください。最初は、専門学校で資格取得に専念したり、すぐに就職して経験を積む方がいいのではないかと悩んだこともありましたが、大学進学を選んで本当に良かったです。
吉野 愛可さん サービス経営学部 サービス経営学科

BUNRIブライダルでの学びが私の大切なポリシーになっています。

【就職先】リビエラ東京

森田 夏未さん サービス経営学部 サービス経営学科

卒業後は、高校時代からの夢だったウエディングプランナーとして働いています。チャペルなどのハード面はどこの式場でも素敵なものが多く、好みもわかれるため、私が大切にしているのはサービスの質を高めて、「リビエラを選んで良かった」と思ってもらうことです。大学時代に教わった、全員で新郎新婦様を一心に想って創り上げるという考えが、私の原点になっています。

【高校生へのメッセージ】

ブライダル業界は人気があり、志望する人が多い狭き門ですが、「絶対にブライダル業界で働くんだ」という強い気持ちを持っていれば、必ず夢は叶うと思います。BUNRIで過ごす4年間は、自分の視野を広げるためにも、結婚式を創り上げる授業以外にも、東京国際映画祭やインターンシップなど、さまざまなことに自分から積極的に挑戦してほしいと感じます。
森田 夏未さん サービス経営学部 サービス経営学科

【看護学部】 2013年4月から臨床の場で活躍

患者さんに安心を届ける看護をずっと大切にしていきたい。

【就職先】聖路加国際病院

森永 瑞歩さん 看護学部 看護学科

現在は呼吸器内科病棟の看護師として患者さんの入院生活をサポートしています。大学時代に身につけた相手を思いやる気持ち、接遇やマナー、敬語の使い方など、多くのことが一人ひとりの患者さんの心に寄り添うきっかけになり、安心を届ける看護につながっていると感じています。プリセプターとして後輩を指導する立場になりましたが、このホスピタリティマインドも一緒に伝えていければと思っています。

【高校生へのメッセージ】

私が伝えたいBUNRI の一番の魅力は、サービス経営学部と併設されていること。医療のホスピタリティは、サービス業界のホスピタリティと共通する部分がたくさんあります。患者さんが何を求めているのか、何を伝えたいのかなど、相手が心地よいと感じるコミュニケーションの取り方も学べたので、こうした経験は必ず現場で活きてくると思います。
舟山 瑞歩さん 看護学部 看護学科

直接かかわりの少ない手術室ですが患者さんの回復を後押ししています。

【就職先】埼玉医科大学 国際医療センター

新井 渓伍さん 看護学部 看護学科

現在は中央手術部に勤務しています。中央手術部では、がん治療目的の手術、救急患者の手術、開腹手術、内視鏡下の手術などを担当しています。手術看護では患者と直接かかわる時間は少ないですが、手術が滞りなく進められるように準備し、手術中の患者の管理に心を配ることで、術後スムーズに回復できるように努めています。多種多様な手術器械を覚えていくのは大変ですが、患者さんの回復を促す後押しができるとてもやりがいのある仕事だと感じています。

【高校生へのメッセージ】

看護師になるためには、4年間の中で様々なことを学び・身につけることが必要で、大変そうなイメージがあると思いますが、「学ぶ」「繰り返し実践する」「身についてできるようになる」という喜びはとても大きなものです。またそれは後々患者さんのためにもなることなので看護のやりがいにもつながっていくと思います。
新井 渓伍さん 看護学部 看護学科

小さい町だからこそ保健師としてやりがいがあります。

【就職先】越生町役場(越生町地域包括支援センター)

石井 可奈さん 看護学部 看護学科

私が今携わっているのは介護予防を中心とした地域包括ケアです。利用者の方のお身体の状態を把握し、その方が何を望んでいるかなど、日々の会話の中で引き出しながらお手伝いをしています。また、その方のご家族、かかりつけの病院、保健施設の職員の方々とも連携しながら、どうすればその人らしく生きていけるのかを大切に考えています。小さな町だからこそ、保健師として一人ひとりの方と深くかかわれることに魅力を感じています。

【高校生へのメッセージ】

高校生の頃の私は人見知りな性格で、自分から前に出たり、行動することが苦手でしたが、ボランティアなどの経験を通して、コミュニケーションの大切さを学ぶことができました。その経験が今、仕事に役立っています。みなさんもBUNRIの挑戦できる環境を活かして、新しい自分の可能性を引き出してください。
石井 可奈さん 看護学部 看護学科