HOME > 入試情報 > 受験上の注意 特別入試(私費外国人留学生)
入試情報

受験上の注意
特別入試(私費外国人留学生)

1. 事前確認事項
(1)

試験場への交通手段、所要時間等を事前に確認してください。学内に駐車場・駐輪場をご用意しています。

(2) 試験場の下見は、試験前日の午後4時まで可能ですが、試験前日は校舎内への立ち入りはできません。
2. 試験当日の注意
(1) 試験室には、各試験開始時刻1時間前から入室できます。
(2) 集合時間は試験開始15分前です。試験室では受験にあたっての注意事項等の説明が行われますので必ず試験開始15分前までには試験室に入室し着席してください。
(3) 試験時間に遅刻した場合、試験開始時刻より20分まで入室を認めます。それ以降の遅刻者の入室はできません。
(4) 電車など公共交通機関の遅延により遅れそうな場合は、入試広報課へご連絡ください。
(5) 携帯電話等の通信機器は試験室内での使用は禁止です。試験室に入る前にアラーム等の設定を解除し電源を切って鞄に入れてください。試験を待っている間も使用してはいけません。
3. 試験期間中の注意事項
(1) 試験室では、すべて監督者の指示に従ってください。従わない場合は退室させる場合があります。
(2) 試験途中の退室は認めません。
4. 不正行為
  不正行為となった場合は、それ以降の受験はできません。
また、既に受験した科目の試験も無効となります。
5. その他の注意事項
  受験者以外は試験室に入ることができません。ただし付添者の待合室を用意していますので、ご利用ください。


持参品
(1) 受験票
  受験票を忘れた場合は、入学試験本部で再発行を受けてください。
受験票は必ず携帯し、筆記の試験受験中はつねに机上通路側に置いてください。
受験票は、合否確認の際に必要となるため必ず持ち帰り、大切に保管してください。
(2) 筆記用具
  一般入試1期・2期の受験者は、「HB」か「B」の黒鉛筆・消しゴムを持参してください。
(3) 時計
  携帯電話等は時計として使用することはできません。また、計算機能、辞書機能を有する時計、腕時計型端末等の使用も認めません。
(4) 昼食
  一般入試1期・2期の受験者は昼食を持参してください。
ページトップへ