HOME > 資格取得
資格取得

開講講座案内
キャリアサポートセンターでは、学生の就職支援を目的として、夢の実現を応援するために有効な学習機会を安い受講料金で提供しています。
ホスピタリティ・サービス産業、健康福祉産業への就業に役立つ資格の対策講座から、語学や公務員試験対策講座まで、様々なメニューを用意しています。
将来の志望やそれぞれの目的に近づくための学習機会を、これからも提供していきます。
資格取得講座

■ 日本商工会議所 日商2級リテールマーケティング(販売士)
流通業に関する唯一の公的資格で、日本商工会議所(日商)が認定しています。講座では日商の登録講師が、試験対策に留まらず現場での実務に関する話題も盛り込むので、販売に関する幅広い知識を体系的に学ぶことができます。条件を満たせば、受講者は修了証や一部科目免除の特典も与えられます。
2級は対象として販売管理者クラスを想定している試験で、企業人も多く受験しています。きちんと準備をして、流通業に貢献する人材を目指してください。

■ ブライダルプランナー2級対策講座
ABC(全米ブライダルコンサルタント)協会認定の検定試験の合格を目指す講座です。ブライダル・プランナーの業務や日本と欧米のブライダルの基礎知識を、プランニングなども含めて網羅的に学びます。
結婚式の形態が多様化している昨今、ホテルやレストランを初め、結婚に関わるあらゆるサービス産業志望者におすすめの講座です。
ABC協会認定校である、ヒューマンアカデミーの講座を本学内で受講できます。

■ 旅行業務取扱管理者講座
旅行業務取扱管理者は、ツアーの企画、日程の作成、ホテルや交通機関の予約など、旅行者に多様なサービスや情報を提供する旅行業のスペシャリスト。
試験には「国内」と「総合(海外旅行も扱う)」の2種類があり、旅行に関わる法律や約款、地理、業務知識が問われます。
旅行業界はもちろん、ホテル・観光・輸送(交通)など、人の移動にかかわる仕事を目指す人に広くお勧めします。

■ 日本赤十字社 救急法救急員養成講習
ホテル・観光・レジャー産業を目指す人におすすめの資格です。
経験や体験を提供するサービスにおいては、常に安全への配慮が欠かせませんが、それでも「万が一」ということが。「いざ」というときに傷病者の力になってあげられる知識と技術は、あなたに自信をもたらすはずです。(日本赤十字社埼玉県支部の公開会場です。)

■ 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)
介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)は、日常生活において介護が必要な高齢者の方、障害を持つ方に生活面のサポートを提供します。食事介助などの「身体介護」、掃除などの「生活援助」、要介護者ご本人やご家族に対する「相談・助言」が主な仕事の内容です。
講習では医療・福祉現場の有資格者から、高齢者のおかれた身体的・心理的・社会的状況について、体系的に学ぶことができます。
福祉に限らず、ご高齢者の方に向けたサービスに関わる、あらゆる業種で力を発揮できるはず。

■ TOIEC テスト対策講座
就職面接時に応募者の英語力をみるため、また国際業務への適正・能力をみるためなど、「ビジネス英語能力の判断基準」として、企業が広く採用している試験です。
判定は10点から990点までの「スコア」で示されます。続けて受験すれば、自分の英語力の伸びがみえるので励みになるでしょう。講座ではネイティブスピードに慣れることを目指します。大学の平均スコアは450点前後です。まずはこのラインを目指してみましょう。
ページトップへ
企業入門講座

■ 公務員・民間企業筆記試験対策講座
公務員(市役所・警察官・消防官)ならびに民間企業の筆記試験対策講座です。一般常識・SPIの対策から公務員試験特有の知能系問題にまで幅広く対応しています。

■ 就職対策特別講座「就勝塾」
経済が困窮している昨今の現状の中で、就職活動にもその影響が徐々に現れてきています。だからこそ大手企業は「質のいい人材」を求め続けています。大手企業で内定を取るためには、「エントリーシート」や「面接」で勝ち抜く力が必要不可欠といえます。「就勝塾」では、「大手企業の内定を勝ち取りたい!」、「希望の就職先から内定をもらいたい!」と考える学生を対象とした就職支援講座です。効果的な自己PRの作り方、そして面接でライバルに勝つ効果的な方法など大手企業の採用担当を経験している講師から徹底的に学びます。実際の面接練習も数多くこなすことができ、実践で実力をつけることが可能となります。毎年多くの学生が受講し、数多くの内定を勝ち取っています。
ページトップへ
健康福祉マネジメント学科で取得可能な資格のご紹介

健康福祉マネジメント学科では、所定の授業を履修することで、以下の受験資格が得られます。(課外講座ではありません)

■ 社会福祉士(受験資格)
福祉に関する相談援助の専門職として、福祉施設や病院、各市町村の社会福祉協議会などで、介護が必要な高齢者の方、障害をもっている方などの相談にのって問題を解決します。
そのため、福祉制度など幅広い専門知識が必要とされる仕事です。利用者の方がよりよい日常生活を送るために、福祉サービスを利用できるよう支援を行います。
所定のカリキュラムを履修することで、社会福祉士国家試験(厚生労働省)の受験資格が得られます。

ページトップへ
学内検定試験実施

■ 日本商工会議所 簿記検定試験 (受験料半額補助対象(2級以上))
日本商工会議所が認定する、経理・会計事務についての公的資格です。
経理についての知識は企業の経営管理や経営状況の分析に必要な能力ですので、「サービス経営」を学ぶ学生としては是非とも取得したいもの。「企業人の基礎知識」として、まずは3級(商業簿記)の取得を目指しましょう。2級では商業簿記・工業簿記が出題範囲で、より高度の理解力を要します。

■ サービス接遇実務検定試験 (受験料半額補助対象(2級以上))
本学で強調しているマナーや接遇の基本、つまり身だしなみやおもてなしのこころを日々実践した上で、各種の職務知識や様々な接遇場面を事例研究的に検討していけば、サービス経営学部の学生にとって、決して難しい検定ではありません。

■ TOEIC 団体特別受験制度(IPテスト) (受験料半額補助対象)
「ビジネス英語能力の判断基準」として、企業が広く採用しているTOEIC-IPテスト(Institutional Program)といいます。
判定は10点から990点までの「スコア」で示されます。続けて受験すれば、自分の英語力の伸びが見えるので、励みになるでしょう。

■ ピアヘルパー認定試験 (受験料半額補助対象)
NPO日本教育カウンセラー協会が認定する資格です。同年代の学生や年少の子どもたちとのかかわりにとって有益な、カウンセリングや心理学の理論や方法について問う試験です。
認定には試験の合格と、本学における関連科目の単位取得が必要です。

■ 日本漢字能力検定検定 (受験料半額補助対象(2級以上))
文部科学省が認定する公的資格です。
コンピューターの普及で、漢字を正しく書けない人が急増しています。社会人として常識とされているのは2〜4級。就職試験での論文や作文での誤字防ぎのよい練習になります。

■ P検(ICTプロフィシエンシー検定試験) (受験料半額補助対象(3級以上))
パソコン検定協会が実施する、初中級ユーザーを対象としたパソコン技能検定の試験です。企業や学校で一般的に使われているソフトウェアやOS、環境などから出題され、ビジネスの実務に直結した内容となっています。
企業で必要とされている「総合的IC利活用スキル」が証明できるようになっており、全社員に取得を義務付けている企業もあります。

■ 日本語検定試験 (受験料半額補助対象(3級以上))
日本人を主たる対象とする日本語の検定試験です。漢字や語彙などの特定の領域に限定せず、日本語の総合的な運用能力を測ります。この力を身につけることによって、豊富な語彙力を持ち、その場に応じた正しい言葉づかいができれば、自分の考えや主張を相手にうまく伝えることができます。就職時に多くの企業で求められる「コミュニケーション能力」の強化に役立ちます。
 
ページトップへ
戻る