HOME > 学部・学科紹介 > 看護学部 > 実習内容
学部・学科紹介

実習内容

学生の成長にあわせて、1年次から段階的に看護学実習を実施。
実習を通して、机上の勉強だけでは決して得られない実践力が身につきます。
 
【1年次】教養科目を中心に人間性の基礎を学ぶ
1年次前期は自ら学習に取り組む主体性やホスピタリティ、コミュニケーション能力を身につけます。 後期では臨床の場で実際に患者さんに触れ、生活援助の基本技術を学ぶとともに援助的関係を学びます。
【後期】
基礎看護実習
【2年次】基礎知識を培いながら専門性を深める
2年次後期には初めて看護過程の技術を用いる看護援助実習を行います。この実習では、自ら患者さんの情報を収集し、援助計画を立てて実践するという専門性の扉を開きます。
【後期】
看護援助実習
【3年次】学んできた専門知識を実践に生かしていく
7つの専門領域(母性・小児・成人・老年・精神・在宅・公衆衛生)の看護を保健・医療・福祉の現場で経験します。看護職としての実践力を培うとともに、将来自分の進む看護の道を見出します。
【前期】
母性・小児・成人・老年看護学実習
【後期】
母性・小児・精神・成人・老年・在宅・公衆衛生看護学実習
【4年次】4年間の学びを統合し実践力を高める
4年次では専門領域を自ら選択し、課題を明確にして統合的な実習を行います。チーム医療における協働やリーダーシップ、メンバーシップ、看護管理などについても学びます。
【前期】
公衆衛生看護学実習U
【後期】
療養支援看護実習
総合実習


基礎看護実習 <1年次後期>
基礎看護実習 臨床の場で実際に患者さんに触れて
看護の基本技術を学ぶ。

基礎看護実習では健康問題をもち入院している対象の入院環境を知ります。また患者さんとのコミュニケーションや日常生活援助を通して、患者さんへの理解と看護職者の役割についての理解を深めます。さらに、この実習では、初めて実際の患者さんを受け持ちます。看護の基本技術のひとつでもあるコミュニケーションや日常の生活援助技術を通して患者さんと向きあうことの大切さ、挨拶や笑顔などが大切であることを学ぶ機会となります。
看護援助実習<2年次後期>
看護援助実習 看護過程の技術を用いて取り組む実習。
看護援助実習では入院患者さんと援助関係を築きながら対象者を全人的に理解し、看護援助の必要性を明らかにします。また、対象者に適した看護援助を安全で安楽に実施するために必要な知識・技術・態度について学び、それらの体験を通して看護職者の役割についても理解を深めます。この実習ではこれまで授業で培ってきた知識・技術を活用し、対象を全人的に理解するとともに、看護上の問題点に沿って必要な看護援助の計画立案・実施・評価をしていきます。
総合実習 <4年次後期>
総合実習 自分で学びたい領域を選択し、
主体的に実習を展開。

総合実習は、自分が実習を行いたい領域を選択し、3年次までの講義・演習・実習で学んだことを統合する実習です。自分自身で実習の目的・目標を考え、それを達成するための内容選択やスケジュール計画を行い、主体的に実習を展開します。それぞれの領域の目標に沿って、複数受け持ち、管理実習、外来実習、夜間実習等の内容が用意されています。
ページトップへ