HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
現代社会と健康・福祉 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(しらい えりこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。
白井 絵里子
授業の目標 - 到達目標-
①現代社会における健康・福祉をめぐる現状と課題について、具体的な事例を通して理解する。
②健康・福祉をめぐる課題にアプローチするために必要な視点と基礎的な知識を習得する。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本科目は全学共通・選択必修科目の一つですが、社会の一員として仕事に携わる上で理解しておくべき現代社会の実情について幅広く学ぶことができます。
 本講義は専門科目(児童福祉、高齢者福祉、障害者福祉、地域福祉等)への導入科目として位置付けられます。
授業の内容・講義手法の概要
 本講義では、私たちの日々の暮らしの中にある健康・福祉をめぐる実践的な取り組みや重要なトピックを取り上げます。それらを通して現代社会における健康・福祉をめぐる現状と課題について理解を深められるよう、政策的な位置づけや対応策を講じるうえで必要となる基礎的な知識を分かりやすく説明します。
 本講義を通して得られる“ 事象を多面的にとらえる視点” や“ 健康・福祉に関わる幅広い知識“ は、他の科目を学ぶ上でも有効に活用することができます。
授業の方法
主に講義形式ですが、適時、演習や受講生同士のディスカッションも取り入れていきます。
授業計画
1.
オリエンテーション
2.
子どもをめぐる健康・福祉の現状と課題①【子どもの貧困とその背景】
3.
子どもをめぐる健康・福祉の現状と課題②【児童虐待への対応】
4.
子どもをめぐる健康・福祉の現状と課題③【社会で子どもを育てるしくみ】
5.
高齢者をめぐる健康・福祉の現状と課題①【年を取るとはどういうことか】
6.
高齢者をめぐる健康・福祉の現状と課題②【介護について考える】
7.
高齢者をめぐる健康・福祉の現状と課題③【認知症を知る】
8.
障害者をめぐる健康・福祉の現状と課題①【「障害」のとらえ方と合理的配慮】
9.
障害者をめぐる健康・福祉の現状と課題②【仕事づくりとまちづくり】
10.
障害者をめぐる健康・福祉の現状と課題③【障害者と表現・アート】
11.
地域を基盤とした健康・福祉に関わる取り組みの現状と課題①【災害時要配慮者への対応】
12.
地域を基盤とした健康・福祉に関わる取り組みの現状と課題②【孤立死防止の取組み】
13.
地域を基盤とした健康・福祉に関わる取り組みの現状と課題③【食を通じた生活困窮者への支援】
14.
地域を基盤とした健康・福祉に関わる取り組みの現状と課題④【食を通じた子ども、子育て家庭への支援】
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 コメント票の内容(30%)、課題・レポート(30%)、試験(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 指定教科書:講義で配布する資料をテキストとして使用します。
 参考文献等:厚生労働省編『厚生労働白書< 平成28年版>』。
 この他、適宜授業内で紹介します。
履修上の留意点
 適宜行う演習や受講生同士のディスカッションに極的に取り組んでください。
 社会福祉士を目指す方は是非受講してください。
事前準備学習・その他
 事前準備:授業理解が深まるよう前回の授業での学習内容を確認しておいてください。
 事後学習:教科書の該当部分を再読し、配布資料等で授業のポイントを確認しておいてください。