HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会調査法 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(たじま えみ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
田島 恵美
授業の目標 - 到達目標-
 問題意識に基づいて社会に関するデータを収集する方法・技法、それを使って考えることを学びます。社会調査でどのようなことがわかるのか、どのような調査をするのか、調査をどのように設計するのか、そして、どのようにデータを分析し、公表するのかといった基礎的なこと、さらに、実際の調査手法を含めた基本的スキルを学ぶことが目標です。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 社会調査とは、「社会はどうなっているのか」という現実を知るためにおこなう調査です。社会についての問題や疑問を解決するために、データを集め、集めたデータを使って社会について考えるための方法です。
授業の内容・講義手法の概要
社会調査とは、社会についての問題や疑問を解決するために、データを集め、 集めたデータを使って社会について考えるための方法です。社会調査というと、  すぐに、調査票調査(いわゆるアンケート調査)を思い浮かべるかもしれませんが、それは一つの手法に過ぎません。この講義では社会に関する問題意識に適切な調査方法を学びます。
 講義は基本的な概念・方法・スキルを学び、それにもとづいて調査票の作成や聞き取り調査などの企画設計を行います。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義、評価の方法・社会調査の「意味と意義」
2.
社会調査の基本的ルール 「概念・変数」「仮説」
3.
「量的調査」と「質的調査」
4.
「全数(悉皆)調査」と「標本調査」
5.
調査の企画・設計
6.
質問文作成
7.
選択肢
8.
サンプリングの原理
9.
サンプリングの種類と方法
10.
基本的データ分析手法 単純集計とクロス集計
11.
基本的データ分析手法 統計的検定
12.
基本的データ分析手法 多変量解析
13.
質的調査「聞き取り調査」
14.
質的調査「(参加)観察法」「ドキュメント分析」
15.
結果のまとめ方
成績評価の方法・基準
 コメント票・小テストによる平常点(40点)と学期末テストないしは課題(60点)で評価をします。
指定教科書、参考文献など
 資料を配布します。
 大谷信介 他 2013『 新・社会調査へのアプローチ』 ミネルヴァ書房
履修上の留意点
 社会調査士の資格取得を目指す場合は科目の段階履修(資格解説項に別掲)を行ってください。
事前準備学習・その他
 配布プリントを復習してください。