HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
現代社会論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(たじま えみ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
田島 恵美
授業の目標 - 到達目標-
 現代の日本社会の特質を、家族、学校、会社など個別の集団に着目して概観したのち、現代社会における問題をいくつか取り上げ、その理解を深めます。この社会に起こっている様々な問題が、現代社会の特質とどう関連しているのか知ることで、ただ社会に関する知識を持つのではなく、主体的に社会について考えられるようになることが目標です。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 私たちの生活する現代社会では、さまざまな現象が起こっています。そうした社会現象・社会問題ついて、社会学での知見を用いながら、現代社会の特質と、その現象や問題に固有の事象とを切り分けて考えます。それによって社会への理解を深めるとともに、今後の社会を考えます。
授業の内容・講義手法の概要
 この講義では、家族、学校、会社など社会の基本的な集団についてまず理解を深めます。そのうえで、環境問題や児童虐待問題など、具体的な社会問題を取り上げます。社会の状況や問題について、新聞記事や映像資料なども利用して理解し、次に、そうした状況の背景、経緯をみていきます。そうした検討を通して、私たちが生活する現代社会に特有の性質を理解し、今後の社会について考えていきます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
現代の日本社会
2.
現代日本の家族の特質
3.
家族の変化
4.
地域社会の変化
5.
学校教育の成り立ちと変化
6.
現代における学校の問題
7.
日本の「会社」の特質と変遷
8.
現代における仕事の問題
9.
日本における環境問題
10.
原子力発電と社会1
11.
原子力発電と社会2
12.
児童虐待問題1
13.
児童虐待問題2
14.
高齢者の介護
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 コメント票(15%)、小課題(30%)、期末テスト(55%)
指定教科書、参考文献など
 
履修上の留意点
 授業の理解を深めるため、毎回の課題を必ず提出してください。
事前準備学習・その他
 毎回授業時に、事前事後学習のための課題を配布します。