HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
NPO論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(わたなべ かずよ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
渡辺 和代
授業の目標 - 到達目標-
 NPO(非営利組織)について理論的な知識の習得に加え、現代社会におけるNPOの役割や存在意義について学び、非営利の多様な活動を通して、自ら考え実践的な対応力を身につけます。
 この授業を通じて、NPOの多様な姿を学び、各自が社会の問題に目を向け、問題解決や市民社会への意識を高め、行動に結びつけられるようにします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 NPOとはいかなる組織で何をしているのか?どのように運営されているのか?ボランティアとはどのような関係なのか?行政や企業との違いは何か?を含め、NPOの実情について、さまざまな問題意識のもとで、総合的に学習していきます。
授業の内容・講義手法の概要
 NPOの基本的な概念については、制度や統計などの資料を用いながら、NPOの定義、歴史、現状、組織運営、ボランティア活動との関係などについて理解をしていきます。NPOと企業、行政との関係にも着目し、その違いや連携についても理解を深めていきます。また、国内にとどまらず、国際協力・国際貢献に取り組むNPO(NGO:非政府組織)についても考察していきます。常に、国内外の個別事例を通して、それぞれの活動使命、運営事情を理解し、ヒト・モノ・カネ・情報の面からみたマネジメントの課題、ならびに組織における“ ひと”、“ 働くこと” について検討していきます。
 本授業では、配布資料、パワーポイントやビデオを活用し、社会における諸事情や方向性、課題をさまざまな角度から捉えられるよう、新聞等のニュース記事や具体的な実践事例(ゲストスピーカーを含む)を交えて、授業を進めていきます。履修登録者の状況にもよりますが、可能な限りグループワーク、ディスカッションなどを積極的に取り入れ、自ら考えて実践する場を設けたいと思います。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
組織・NPOとは
2.
さまざまな組織:法人、NPO・民間非営利セクターと法的制度
3.
NPO法人について
4.
NPOとボランティア、市民参加活動について  
5.
NPOを運営・マネジメントするポイント
6.
NPOと行政との関係性
7.
NPOの役割:新しい公共の担い手
8.
NPOと企業との関係性 <CSR・CSV>
9.
NPOと企業との関係性:事例を通して
10.
NGO と国際貢献・国際協力
11.
ニーズを捉えたNPO・NGOの活動
12.
海外のNPO:アメリカのNPO事情
13.
NPOの社会的位置づけ
14.
NPOと働く
15.
総括:NPOの存在と今後 / 学期末レポート提出・発表
成績評価の方法・基準
 受講態度・参加度(25%)、毎授業のコメント票(25%)、課題・レポート(50%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 指定教科書はありません。随時、授業内で参考文献等を提示します。
履修上の留意点
日頃から好奇心、問題意識を持ち、マスメディアのNPOやボランティア、市民活動が関与する社会ニュースに関心を持ち、授業内で積極的に発表をしてください。
事前準備学習・その他
身近な社会問題や課題について、自分だったらどのように改善・解決していくか、どのような関わり方が考えられるか、自分なりのアクションプラン・構想をたて、授業にのぞんでください。そして授業内で提示された参考文献や情報源を熟読してください。