HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会理解特論 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(こだま たけお) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
小玉 武生
授業の目標 - 到達目標-
 経営戦略やマーケティングの分野で注目されている事象について、その要点を理解し伝える、次に他人の意見を理解しながら討議をする、そして関連事項を調べて自分の情報や意見をまとめる。そのようなステップを踏みながら、今まさに起きている社会のホットな現実を理解し、調べ、伝える能力を育むことを目標とします。
 企業戦略や流行には必ず理由と目的があります。なぜ、誰が、どのようなことをしようとしているのかを知ることで、ビジネスへの興味や関心を高め、自らの視点で考察する力を持てるようになることを期待しています。事象の理解を進めながら、読む、理解する、聞く、話すといったコミュニケーション能力を高めましょう。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
総合教育科目の中の、社会理解領域の科目です。
授業の内容・講義手法の概要
 経済誌「東洋経済オンライン」(ネット版)の最新記事を取り上げます。この講義は、まず音読から始まります。記事を正しく美しく読むということは意外に難しいのですが、これがコミュニケーションの始まりです。次に要点を整理し伝えます。どのような事実が伝えられているのかを理解し、発信をしてみることが第二ステップです。第三ステップとして関連情報を調べ、自分の考えをまとめてみましょう。
 なぜ、ふなっしーは流行したのか、イケアとニトリの戦略の違い、ファミマとユニーの統合は上手くいくのか、プロ野球監督が考える人材活用術とは。この他にもジャパネットたかた、ヤマト運輸(クロネコ)、無印良品などの話題が登場します。取り上げる記事の領域は企業戦略だけではなく、採用や人事、ヒット商品など多岐にわたります。この科目の履修者数は最大で20 名、“ 全員参加型”の授業です。
授業の方法
 講義、討議
授業計画
1.
科目の特徴、授業の進め方、評価の方法について(まず一つの記事を読んでみよう)
2.
①直撃!ふなっしーの" 一梨" マーケティング ーなぜ人気者になれたなっしー?ー
3.
②イケアとニトリが「日本の家具事情」を変えた ー好調2社の売り場に見える強さの秘密ー
4.
③ファミマ、ユニー「統合」で始まる大淘汰 ー" 負け組同士"のコンビニに勝算はあるかー
5.
④ジャパネットの秘密、「お絵描き話法」とは? ー聞き手の共感を呼ぶために必要なことー
6.
⑤就活生よ安心しろ、面接官も不安なんだ ー群像新人賞作家が描く採用担当者の憂鬱ー
7.
⑥オリックス森脇監督が語る組織論、リーダーシップ、人材活用術とは?
8.
⑦面接官が「女子のほうが優秀」と感じるワケ ー女子は「優秀だけど採らない」という現実ー
9.
⑧歌舞伎を見ないビジネスマンが損すること ー外資系の英国人と日本人、日本文化を語るー
10.
⑨ランキング「有給休暇取得率」トップ300社c ーホンダは4年連続トップ、80%以上は47社ー
11.
⑩無印良品、強さの秘密はどこにあるのか ー「Bisa(微差)」を「微差力」に高めるー
12.
⑪ヤマト運輸、「すごいサービス」はなぜできる?  ー「まごころ宅急便」を生んだ現場力とはー
13.
⑫ユニクロとしまむら、なぜ明暗が分かれたか ー国内アパレルの優等生が陥った停滞局面ー
14.
⑬ロシアでレクサスがバカ売れするワケ ールーブル安でおカネに困っているはずなのにー
15.
まとめ(レポート提出について)
成績評価の方法・基準
 授業参加の積極性(平常点・討議50%)、レポート提出(50%)などによって総合的に成績を評価します。
指定教科書、参考文献など
 特定の教科書は使用しません。毎回資料を配布します。
履修上の留意点
 毎回時事問題や流通についてのトピックスを取り上げます。
事前準備学習・その他
 日頃からTVニュース、日本経済新聞などをよく読み社会の変化の把握に努め、つねに、その背景にある問題や企業戦略について考える意識を持つことが大切です。要点整理のメモを作成してみましょう。