HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
日常生活と健康(読替:こころとからだ) 1 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(かとう みつひこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
加藤 三彦
授業の目標 - 到達目標-
①現代の健康問題やこれからの健康のあり方について理解を深める。
②「こころ」の問題について、その対処法を身につける。
③自ら作成するプログラムで、健康的で有意義な学生生活を送れるようにする。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 私たちが暮らす社会はとても豊かですが、それでも生活習慣病や薬物、こころの問題など、健康に関わる問題は少なくありません。ここでは、こころとからだの密接な関係を基に、健康自体のとらえ方、日常における様々な健康問題、新しい時代の健康のあり方について学びます。特に、現代社会は「ストレスの時代」と言われており、悩みや不安を感じている人が増えています。よって、時代の変化とともに、「健康」に対する意識はますます高まっています。学生として、ストレスとどう付き合っていくか、どのような対処法があるかなどを学んでいきます。
授業の内容・講義手法の概要
 はじめに「健康」について、身体的側面・精神的側面・社会的側面から学んでいきます。時代の中で変化している健康自体のとらえ方やわが国の健康を取り巻く環境についても学びます。さらに、現代の健康問題(生活習慣病・喫煙・飲酒・薬物濫用など)を取り上げます。日本人の健康観についても、時代背景に沿って、その変化を学んでいきます。
 また、学生生活を健康的で有意義に送るためにどうしたら最善なのか、(運動・休養・食事と健康など)を学び、自らの健康プログラムを作成し今後に役立てていきます。
授業の方法
[講義]
授業計画
1.
ガイダンス:(講義、評価の方法)
2.
健康とは(考え方・成立・取組)
3.
健康のかたち(状態・構造・価値)
4.
こころの健康①(意志決定・行動選択・欲求・適応機制)
5.
こころの健康②(心身相関・ストレス・心の健康のためには)
6.
生活習慣病
7.
運動・休養・食事と健康
8.
健康プログラムの作成 ・レポート①
9.
喫煙・飲酒と健康
10.
薬物濫用と健康
11.
感染症の予防と健康
12.
日本人の健康①(健康の歴史:江戸時代・明治時代)
13.
日本人の健康②(健康の歴史:高度経済成長期・現代)
14.
大学生の健康(学生の健康問題・有意義な学生生活を送るには)
15.
総括:テスト、レポート②
成績評価の方法・基準
 平常点・コメント票の内容(40%)、課題・レポート(20%)、テスト(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 教科書はありません。授業用資料を適宜配布します。
 健康・フィットネスと生涯スポーツ:出版社)大修館書店
 保健用パワーポイントスライド集:出版社)大修館書店  他
履修上の留意点
 本科目履修終了後は、より専門的な領域について学ぶことのできる「健康福祉マネジメント系」科目の履修をお勧めいたします。
事前準備学習・その他
事前準備:健康について興味・関心を持ち、自己の現状を把握しておいてください。
事後学習:資料に目を通し自らの有意義な大学生活に活用してください。