HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
地理学(読替:観光地理) 1 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(やすだ・すごう) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
安田菅生
授業の目標 - 到達目標-
 現代の地理学、特に人文地理学の理解に必要な知識を身につけるとともに、急激に変化している日本の社会、経済、文化の理解に有用な地理学的枠組みや手法について学習します。様々な地図を読み解く力を体得し、地域差や地域の特性を理解します。また、人間と自然、環境、文化との係わりが最も理解しやすい日本の観光地理を学習し、社会人・企業人としての一般教養を身につけます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 地理学とは、地球上の事象を空間的に捉え各地の地域性を明らかにする学問領域です。空間や自然環境も対象に含まれることから、社会科学と自然科学という両面の性格を有し、広範な領域を網羅する学問でもあります。本講義では、まず様々な地図を読み解き、地域の特性を発見することから始めます。そして、人文地理学の分野で最も代表的な、人口地理学、都市地理学、農業地理学、工業地理学に触れ、地理学的な見方を学び、地域特性を理解します。また、地理学の楽しみの一つに旅があります。そもそも地理学は旅先で見聞きしたことを地図として記録することから始まったと言われています。講義では日本全国の観光地を地方ごとに紹介し、その観光地の特性、形成過程、役割、課題などについて考え、地域性を読み取ってもらいます。
授業の内容・講義手法の概要
 講義では地理学の基礎知識と地理学的な自然、社会現象の捉え方を身につけることが基本になります。さまざまに地図を読み解く力を身につけ、地域差や地域特性への理解を深めます。また、代表的な地理学の基礎を学びます。後半は、日本の地方毎の観光地理を学習します。パワーポイントを活用し、様々な地図、最新の画像を見ながら分かりやすく解説します。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義全般説明・地理学概説
2.
地理学基礎・地図の見方
3.
日本地図を読む
4.
人口地理学
5.
都市地理学
6.
農業・工業地理学
7.
日本の世界遺産
8.
観光地理学①九州
9.
観光地理学②中国四国
10.
観光地理学③近畿
11.
観光地理学④中部
12.
観光地理学⑤関東
13.
観光地理学⑥東北
14.
観光地理学⑦北海道
15.
講義まとめ
成績評価の方法・基準
・学期末試験の成績(60%)、平常点(授業参加度・小テスト・コメント票等)(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
・高校・中学で使用した地図帳を持参するのが望ましい。
・講義内容によりプリントを配付します。
履修上の留意点
・パワーポイントで講義を進めます。講義内容をノート、プリントに書き留めることが必須です。
事前準備学習・その他
・事前学習として、該当地域の地図を見てきてください。
・事後学習として、講義内容を地図に落とし込み確認してください。
・「世界遺産検定」「旅行地理検定」などを受験することをお勧めします。