HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
病気の予防 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(まつしま まさひろ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
松島 眞浩
授業の目標 - 到達目標-
 病気とその予防に関する学習を中心に、病気の社会的な問題や健康増進活動などに関しても学習することで、病気に関する生物学的な知識の習得だけでなく、病気と健康の社会的な理解ができることを目標としています。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 病気とかかわる健康や医療、福祉の問題は、個人にとっての問題であるだけでなく、今では地域社会や国家制度に関わる大きな問題となっていて、身近で実際に関わりがあったり、報道で見聞きしたりすることがあると思います。
 この講義では、病気の概要について学習するとともに、病気が社会に及ぼす影響や、病気の予防と健康増進のための対策についても学習することで、現代社会における健康問題や医療、福祉について基本的な知識を得ることを目指します。
 また、2年次以降に健康や医療・福祉分野の科目を履修する場合に必要となる病気に関する知識を得ることを併せて目指します。
授業の内容・講義手法の概要
 学生全員に、病気に関するレポート作成とその発表を課します。この発表に基づいて、毎回の講義でさまざまな病気について学習をするとともに、それぞれの病気の予防対策や関連する社会的な問題について説明します。またテキストを利用して、主な病気とその予防に関連する説明をします。
授業の方法
 講義、演習
授業計画
1.
導入〜講義、評価の方法及び科目の特徴
2.
病気の歴史−生命を衛る戦い−
3.
現在の病気の状況−主要な衛生指標−
4.
病気と死− 3大疾病とは−
5.
生活習慣病と健康づくり
6.
がん−加齢と環境−
7.
メタボリック・シンドローム
8.
アウトブレイク−感染症との戦い−
9.
環境と病気−公害と地球環境−
10.
依存と病気−タバコ・薬物・アルコール−
11.
職業と病気−過重労働とメンタルヘルス対策−
12.
病気と科学技術−高度先進医療と先進医療機器−
13.
食品と栄養
14.
高齢化社会と病気−認知症とロコモティブ症候群−
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 講義にあたり平常点について評価(15-30%)するとともに。学生の発表、提出課題や小テストの評価(30-45%)を加味しながら、本試験(45-60%)を主に総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 厚生労働統計協会編「図説国民衛生の動向2016/2017版」厚生労働統計協会(2016年10月31日発行)
履修上の留意点
 初学者を対象として、病気とその予防、健康増進に関する基本的な内容から説明しますが、単に病気に関する知識だけでなく、病気とその予防による社会的な問題を扱うので、健康問題や医療・福祉に関する問題意識を持って学習する姿勢を持ってください。
事前準備学習・その他
 特段の事前・事後学習は要求しませんが、講義内容の理解を進めるために小テストの実施や課題の提出などを実施しますので、そのためには必要な事前学習・事後学習をしてください。また日常生活の中では、新聞やTV、インターネットなどの報道で病気や健康の問題が取り上げられたときに関心を持つようにしてください。