HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
心理学概論 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(さくらい えりこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
櫻井 恵里子
授業の目標 - 到達目標-
 心理学の基礎的な考え方、理論、方法論を理解し、心を主観的・客観的に捉えることができる。また人を取り巻く環境や人間関係の影響を心理科学の視点から分析し、社会生活に活用することを目標としています。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 私達人間は、毎日「思う」「悩む」「学ぶ」「感じる」など心を動かしています。心理学はまさしく人間の心を扱う学問と言えます。身近な学問ではありますが、心理学の対象領域はとても広いです。まずは心理学の基礎的な考え方や方法論である基礎心理学を学びます。そして心理学の基本的な知見を私達の身近な生活や人間関係などへどのようにしたら活用できるかを含めて幅広く体系的に学習します。
授業の内容・講義手法の概要
 サービス経営を含む様々な経営組織における人間行動の理解を目的とした心理学の理論と方法を学びます。
授業の方法
 講義形式を中心に個々人で行う演習(ワーク)を織り交ぜながら進めていきます。
授業計画
1.
オリエンテーション(授業内容の説明と評価方法)       
2.
心理学の歴史的展開(心理学とは何か、過去にどのように発展してきたか)
3.
人の感覚と知覚(人はどのようにものを感じ、認識するのか)
4.
学習・記憶・知能(学び・憶え・知的能力の理解)
5.
人格・パーソナリティ(人格や性格の類型法、人格理論)
6.
動機づけと感情(モチベーションとは何か、感情の種類と効用)
7.
人間の発達(発達心理学の基礎・応用)
8.
社会の中の個人(社会心理学の基礎・応用)①
9.
社会の中の個人(社会心理学の基礎・応用)②
10.
教育現場における心理学(教育心理学の基礎・応用)
11.
心理臨床と臨床心理学(カウンセリング・障害の心理学的理解)①
12.
心理臨床と臨床心理学(カウンセリング・障害の心理学的理解)②
13.
職業興味(職業選択における心理学の役割・キャリア心理学)
14.
様々なコミュニティと個人の関係性(コミュニティ心理学)
15.
総括
成績評価の方法・基準
 期末試験(50%)、課題レポート(30%)授業態度(20%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
教科書:心理学 生活と社会に役立つ知識 青木紀久代、神宮英夫 新星出版社
参考文献に関しては必要に応じて紹介します。
履修上の留意点
 質疑応答など授業への積極的な参加が望まれます。
事前準備学習・その他
 事前準備としては教科書の講義に関連する部分を読んできてください。事後学習としては講義中に紹介した文献を読むことをすすめます。