HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
スポーツと健康 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(かとう みつひこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
加藤 三彦
授業の目標 - 到達目標-
①スポーツの魅力とその楽しみ方を理解する。
②健康(身体面・精神面・社会面)に与えるスポーツの力について理解する。
③修得した知識を健康的で有意義な学生生活に役立てる。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 時代の変化とともに、健康に対する意識はますます高まっています。またスポーツは、人間が健康で豊かに生活するために欠かせない文化でもあります。さらにスポーツは、さまざまな形で私たちの生活に色濃く浸透しています。健康のため、楽しみのために、スポーツをライフスタイルのなかに取り込んでいる人たちは確実に増大しています。
 ここでは、スポーツ文化を総合的に理解し、修得した知識を今後の学生生活の中での課題発見や問題解決に役立てることをねらいとして学んでいきます。
授業の内容・講義手法の概要
 はじめに、スポーツの魅力とその楽しみ方を学びます。スポーツは人類の登場とともに生まれ発展してきました。スポーツのはじまりやその発展、これからのスポーツのあり方なども学びます。
 スポーツが盛んになるにつれて、多くの問題もあります。現代スポーツが抱える諸問題について理解を深めることも大切になってきます。スポーツは、社会や地域、私たち自身の意志までも変える力を持っています。
 まとめとして、アクティブに大学生活を送るために、履修者自身への「スポーツサービス」を考えます。
授業の方法
[講義]
授業計画
1.
ガイダンス:(講義、評価の方法)
2.
スポーツとは(競技スポーツ)
3.
スポーツとは(生涯スポーツ)
4.
スポーツの楽しみ方①(するスポーツ・みるスポーツ)
5.
スポーツの楽しみ方②(語るスポーツ・支えるスポーツ)
6.
スポーツの歴史(これまでとこれから)
7.
競技スポーツの問題点・生涯スポーツのあり方
8.
スポーツと環境問題・スポーツと健康問題  ・レポート①
9.
スポーツの力で変わる(社会・地域・経済・世界)
10.
スポーツの力でつくる(心と体)
11.
公益財団法人日本体育協会の活動について
12.
総合型地域スポーツクラブの活動について
13.
スポーツの楽しみ方③(オリンピック・パラリンピック)
14.
スポーツと大学生(授業・クラブ・サークル・地域)
15.
総括:テスト、レポート②
成績評価の方法・基準
 平常点・コメント票の内容(40%)、課題・レポート(20%)、テスト(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 教科書はありません。授業用資料を適宜配布します。
 最新 体育・スポーツ理論[改訂版]:出版社)大修館書店
 健康・フィットネスと生涯スポーツ:出版社)大修館書店  他
履修上の留意点
 本科目履修終了後は、より専門的な領域について学ぶことのできる「健康福祉マネジメント系」科目の履修をお勧めいたします。
事前準備学習・その他
事前準備:2017入学事前課題冊子を活用しますので持参してください。
事後学習:資料に目を通し、自らの有意義な大学生活に活用してください。