HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
地球と環境 1 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(なかたに ゆうすけ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。
中谷 勇介
授業の目標 - 到達目標-
 大学生・社会人として知っておくべき地球環境に関するさまざまな問題について理解し、持続的な発展のために私たちは何をすることが求められているかを理解します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 現代は「環境の世紀」とも呼ばれるほど環境問題への理解が社会において重要になっています。経済発展の進展とともに地球上では「地球温暖化問題」、「エネルギー問題」、「生物多様性問題」、「食糧問題」、「公害問題」といった様々な環境問題が発生しています。これらの環境問題は特定の地域だけの問題ではなく地球全体の人々に影響を及ぼす重大な問題となっています。
 本授業では「持続的な発展」をキーワードに、私たちが今知っておかなければならない地球の直面する「危機」とはどのようなものかを理解し、私たちはこれに対してどのように対処する方法があるのか考えていきます。
授業の内容・講義手法の概要
 授業時に毎回コメントカードを記入してもらいます。授業のはじめに、前回の授業で提出されたコメントカードに基づいた質疑応答を行います。また、PowerPointのスライドを適宜利用しつつ板書を行いますので各自ノートを取ること。また中間テストを1回実施します。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
イントロダクション ―地球が直面する環境問題とは
2.
持続可能な発展とは何か
3.
地球温暖化問題(1)―温暖化とは?
4.
地球温暖化問題(2)―温暖化への取り組み
5.
エネルギー問題(1)―エネルギー問題とは何か
6.
エネルギー問題(2)―原子力の光と影
7.
エネルギー問題(3)―再生可能エネルギーの可能性
8.
地球温暖化問題とエネルギー問題の解決
9.
中間テストおよび解説
10.
水資源と森林資源
11.
生物多様性問題
12.
経済発展と食糧問題
13.
経済発展と公害問題
14.
リサイクルとごみの問題
15.
国際貿易と資源循環
成績評価の方法・基準
 ①コメントカード(30%)、②中間テスト(30%)、③期末テスト(40%)。
指定教科書、参考文献など
教科書:なし
 参考文献は授業中に適宜指定します。
履修上の留意点
 特になし。
事前準備学習・その他
 事前学習として参考資料等を配布しますのでそれを読んでおく、またリサイクル(環境問題)についての新聞記事やニュースなどの内容をチェックすることが求められます。毎回の授業時にコメントカードの記入がありますので、授業テーマと関連した内容を調べておくことが事後学習として求められます。