HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
総合英語 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(すずき まさひろ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。
鈴木 政浩
授業の目標 - 到達目標-
 英語学習に求められる複数のスキルを徹底して身に付けます。
 生の英語を理解し、ネイティブの話す速度の英語を聞き取り、そのレベルの英文を読めるようになる。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 就職試験等で高度な英語学力が求められるようになりました。この授業では、一般の授業よりも高いレベルの英語学力を付けたいという学生のニーズに答えるべく、ネイティブの話す英語に対応できるような学習方法を身に付けます。
授業の内容・講義手法の概要
 生の英語を聞き取れるようにするため、音読を徹底して行います。個別音読だけではなく、オーバーラッピングやシャドーイングと言った、やや難易度の高い活動に取り組みます。語彙や表現を習得し、日常の英語学習をより効果的に行う学習法を徹底して身に付けてもらいます。
授業の方法
 演習を中心に行います。発表はビデオ等に収録します。
授業計画
1.
オリエンテーション(シラバスの説明、授業内容、評価の観点等)、映像教材提示1
2.
映像教材提示2、英文講読の方法(インターネットを活用した英語学習術)
3.
Chapter1(英文講読)、音読の基本的な技能習得(個別音読の方法)
4.
Chapter2(英文講読)、音読の発展的な技能習得(オーバーラッピング)
5.
Chapter3(英文講読)、音読のより発展的な技能習得(シャドーイング)
6.
Chapter4(英文講読)、音読技能のまとめ
7.
授業内テスト1(個別発表と音声収録)
8.
Chapter5(英文講読)、アフレコ収録の取組1
9.
Chapter6(英文講読)、アフレコ収録の取組2
10.
Chapter7(英文講読)、アフレコ収録の取組3
11.
Chapter8(英文講読)、アフレコ収録の取組4
12.
Chapter9(英文講読)、アフレコ収録の取組5
13.
Chapter10(英文講読)、アフレコ収録の取組6
14.
授業内テスト2(グループ発表と音声収録)
15.
授業全体の振返り
成績評価の方法・基準
 授業での取組を中心に評価します。授業内テスト(2回)を受けることが最低限必要となります。
指定教科書、参考文献など
 別途、指示します。
 さらにWeb上の教材を使用します。
履修上の留意点
 平常点を重視します。授業の事前準備や事後学習に積極的に取り組むこと、授業中の課題を確実にこなすことを心がけて下さい。内容が高度なため、英語学力に自信のない学生の受講はご遠慮いただいています。意欲だけではついてくることはできませんので注意して下さい。
事前準備学習・その他
 テキスト英文の音読練習、単語練習に授業の事前事後に取り組んで下さい。