HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
中国語Ⅰ(読替:基礎中国語Ⅰ) 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(りん めいう) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
林 鳴宇
授業の目標 - 到達目標-
 標準中国語を基礎から学習します。発音や基本的な表現などを、「聞く」、「話す」、「書く」の三つの面から身に付けます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 大学における中国語教育は、中国人と交流する単なる道具としての言語を習得する場を提供するのではありません。中国文化への理解を通して人間性を豊かにするための技能としての言語を習得する場を提供するものです。歴史的に日本と深く関わってきた中国の言語を学習することは、思考を多様化し、異文化への理解を深めるだけでなく、改めて母国の文化と向き合い、新たな発見の機会にもなります。
授業の内容・講義手法の概要
 中国語の発音表記システムである「ピンイン」の読み方を学習します。その後、基本的な表現を学び、日常会話を繰り返すことで、中国語会話の基礎を習得することを目指します。具体的には、(1)日本語の発音と比較しながら、「ピンイン」を正しく発音する練習を行います。(2)簡単な文例を中心に初歩的な文法を説明します。(3)文例を暗記して話すことに慣れる機会を作り、会話の基礎を固めます。(4)聞き取り能力を高めます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義、評価の方法および科目の特徴
2.
第一課:発音 四声
3.
第二課:発音 母音
4.
発音練習(一)
5.
第三課:発音 子音
6.
第四課:発音 鼻音
7.
発音練習(二)・発音小テスト
8.
第五課:人称代名詞・姓名の言い方・辞書の使い方
9.
第六課:「是」と「的」
10.
会話練習(一)・小テスト
11.
第七課:中国語の基本語順
12.
第八課:指示代名詞・助動詞1
13.
会話練習(二)・小テスト
14.
口語課題発表・前期末復習
15.
まとめ・試験
成績評価の方法・基準
 通常の授業への積極的な参加度(10%)、および課題実行度(10%)、小テスト(60%)、学期末試験(20%)によって、総合的に成績を評価します。
指定教科書、参考文献など
 陳淑梅 劉光赤 著 『しゃべっていいとも中国語』、朝日出版社、2010年 ISBN:9784255451787 2300円+税(教科書販売日に販売)
履修上の留意点
 無断遅刻、途中退出、忘れもの、私語などは、授業妨害と見なし、成績評価に反映させます。
事前準備学習・その他
 外国語をあるレベルまで身に付けるには、400時間程度は必要なので、予習復習は必ずしてください。