HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
中国語Ⅱ(読替:基礎中国語Ⅱ) 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(りん めいう) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
林 鳴宇
授業の目標 - 到達目標-
 「中国語Ⅰ」で得られた基礎知識をもとに、中国語会話の能力を一層高めることをねらいとします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 「中国語Ⅰ」に比べ、やや複雑な文法や語彙を中心に、現代中国を支える歴史、思想、文化等を示しつつ、言語と文化との関わり合いを学びます。また、実践的な総合練習を行い、日本文化との比較の観点から、中国語と他文化との関わりを理解します。このようにして、現代の中国、過去の中国、他文化との関係という段階を経て、中国語能力を多角的に習得することを目指します。
授業の内容・講義手法の概要
 基本的な中国語表現をおさらいしたうえで、新しい表現について学習し、中国語会話の能力を一層高めることを目的とします。具体的には、①目、口、耳を十分に使い、中国語の表現を繰り返し練習します。②中国人が日常生活の中でよく使う表現を習得します。③聞き取り能力を一層向上させます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
説明ガイダンス・前期内容復習・小テスト
2.
第九課 方位詞
3.
第十課 数詞
4.
会話練習(三)・小テスト
5.
第十一課 年月時刻の言い方
6.
第十二課 数量詞
7.
会話練習(四)・小テスト
8.
第十三課 動詞の変化
9.
第十四課 助詞
10.
会話練習(五)・小テスト
11.
第十五課 前置詞
12.
第十六課 助動詞
13.
会話練習(六)・小テスト
14.
口語発表練習・後期末復習
15.
まとめ・試験
成績評価の方法・基準
 通常の授業への積極的な参加度(10%)、および課題実行度(10%)、小テスト(50%)、学期末試験(30%)によって、総合的に成績を評価します。
指定教科書、参考文献など
 陳淑梅 劉光赤 著 『しゃべっていいとも中国語』、朝日出版社、2010年 ISBN:9784255451787 2300円+税(教科書販売日に販売)
履修上の留意点
 無断遅刻、途中退出、忘れもの、私語などは、授業妨害と見なし、成績評価に反映させます。
事前準備学習・その他
 「中国語Ⅰ」の既修者を対象とし、やる気があり、予習復習できることが前提です。基礎の段階ではどうしても語彙が不足がちなので、辞書を調べる習慣を身に付けるようにしてください。