HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
アカデミック・スキル 1 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・必修
(かんせん、さとう、たなべ、はっとり、みやじま) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
甘泉佐藤田辺服部(映)宮島
授業の目標 - 到達目標-
(1)大学での学修に対応できるような、学びに対する意識や態度、学ぶ技術(スキル)を習得します。
(2)レポートを書くときの心得、つまり研究倫理の重要性を理解する。
(3)個人単位、及びグループ単位での学習スタイルを身につけます。
(4)大学での学びの重要性・必要性を理解します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 アカデミック・スキルは、大学で学ぶための「学ぶ力」を下支えする技術です。  この授業では、大学で学び始める一年生に必要な、学びに対する意識、意欲、学びに関するルールの理解や学びに必要な基本スキル(ノート作成、PC操作、レポート執筆など)の向上を図り、後の学修がスムーズに進められるようにします。また、生涯にわたる学習・キャリア形成の視点から、アカデミック・スキルの重要性や必要性を理解します。
授業の内容・講義手法の概要
 授業では講義のほか、「学びの仲間」となるグループの単位で課題に取り組む演習形式を多く採用します。基本的な知識伝達にとどまらず、演習に自ら取り組み、「できるようになった」「何が原因でできないのか」「どうすれば改善できるのか」を振り返り確認しながら授業を進めていきます。
 授業では、アカデミック・スキルの基礎として、①学習姿勢、②ノートテイキング、③レポート作成、④PC操作、⑤数値処理、に取り組みます。また毎回短い文章を読み、キーワードの抽出および概要をまとめる訓練を行います。
授業の方法
 講義・演習・提出課題による。
授業計画
1.
ガイダンス/研究倫理の重要性、大学の授業におけるノートテイキングとは
2.
図書館ツアー/ PC 操作とインターネット検索
3.
要約練習/ノートテイキングの手法・アイディア/ノートテイキング演習
4.
要約練習/レポート演習:作文演習① モジュール1
5.
要約練習/レポート演習:作文演習②
6.
要約練習/レポート演習:レポートの作成①
7.
要約練習/レポート演習:レポートの作成②
8.
要約練習/レポート演習:レポートの作成③
9.
要約練習/レポート演習:レポートの作成④
10.
要約練習/PC操作:Windows, Uniprove/CS, Microsoft Word① モジュール2
11.
要約練習/PC操作:Windows, Uniprove/CS, Microsoft Word②
12.
要約練習/PC操作:Windows, Uniprove/CS, Microsoft Word③
13.
要約練習/数値処理:非言語演習① モジュール3
14.
要約練習/数値処理:非言語演習②
15.
要約練習/数値処理:非言語演習③
オムニバス形式の授業なので「レポート演習」「PC操作」「数値処理」のそれぞれのモジュールはクラスにより順番が異なります。
成績評価の方法・基準
 それぞれの課題により評価します。レポート演習:40%、PC操作:30%、数値処理:30%
指定教科書、参考文献など
指定教科書(レポート演習): 『大学生と留学生のための論文ワークブック』(くろしお出版)
履修上の留意点
 万が一欠席した場合は、必ず次回授業までに欠席した授業の内容を自習しておいてください。毎回の授業内容は連続していますので、欠席をしないよう心掛けてください。
事前準備学習・その他
 本授業で学んだ事柄を今後の西武文理大学での学びに活かせるようしっかりと身につけるとともに、将来のキャリア形成に役立てるように各自でさらに工夫し、自分なりの学び方へと発展させてください。