HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
情報処理Ⅰ 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(さとう ひろし) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
佐藤 浩志
授業の目標 - 到達目標-
 Microsoft WordおよびExcelの基本的な使い方を理解し、文章編集、表の効率的な作成、グラフによる表現、表計算によるデータの処理が適切に行えることを目指します。また、インターネットやWebの仕組みを理解し、HTMLを用いた簡単なWebページの作成を目指します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 生活の中で必要不可欠となったコンピュータの活用方法を身につけ、情報やコンピュータの理解に必要な考え方の獲得を目指します。具体的には、様々な情報の中から自分に必要な情報を取得し自分なりの表現へと加工して発信する力を身につけるための基礎的な処理能力を養います。高校の科目「情報」の取り組みが学校によって異なるため、不足分を補充しながら、さらに高度な情報処理や情報関連における知識を養っていきます。
授業の内容・講義手法の概要
 1人1台のコピュータを使用して演習・実習を行います。初心者を前提として、タイプ練習から始め、電子メール、Web検索、ワープロソフト、表計算ソフト、などを演習・実習を通して身につけてもらいます。
授業の方法
 講義および演習
授業計画
1.
ガイダンス、コンピュータの基礎知識 情報倫理、ハード構成、キーボード、タイピング
2.
文章作成① 環境設定・文字入力
3.
文章作成② Wordによる文字編集
4.
文章作成③ 定型文書の作成、画像データの作成・加工
5.
文章作成④ 作表機能、作図機能
6.
文章作成⑤ 簡単なホームページの作成
7.
まとめ Word実技試験
8.
表計算① Excelの使い方、四則演算
9.
表計算② Excelの参照方式・書式設定
10.
表計算③ Excel関数①
11.
表計算④ Excel関数②
12.
表計算⑤ グラフ作成
13.
表計算⑥ Excelの総合的な演習
14.
文章作成と表計算 WordとExcelの連携
15.
まとめ Excel実技試験
成績評価の方法・基準
 授業内課題:20% Word実技試験:40% Excel実技試験:40%を基本評価としますが、授業の参加姿勢、貢献度、課題の評価も加点対象とします。
指定教科書、参考文献など
 特に定めません。必要に応じて授業内で適宜指示します。
履修上の留意点
 ほぼ毎回授業内課題があります。各回の講義内容に関連性があるため、断片的な出席では授業内容が十分に理解できないことに注意してください。
 また数値処理Ⅰと併せて履修することにより、学習の相乗効果が生まれます。
事前準備学習・その他
 授業でやった例題や演習問題を繰り返し、何度も復習をしてください。
 事後学習として、MOS(Microsoft Office Specialist)などの資格試験にチャレンジすることを薦めます。