HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
情報処理Ⅰ 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(みやじま けんじ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
宮島 健次
授業の目標 - 到達目標-
 情報リテラシーとコンピュータ・リテラシーを学び、コンピュータを道具として使う能力を獲得していきます。具体的には次の4点です。
(1)Windowsのファイルシステムを理解し、ファイルやフォルダを自由に管理できること。
(2)Wordを使って図表を含んだ文書(レポート等)が作成できること。
(3)Excelを使って簡単なデータ処理(作表・参照方式を考慮した計算・グラフ化)ができること。
(4)情報倫理の理解、インターネット環境(Webの閲覧、情報検索、電子メール等)を利用できこと。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 これからの社会は「知識基盤社会」と言われます。先人たちが蓄積してきた膨大な量の知識をいかに効率良く処理していくか、ということは我々現代人の課題の一つです。そのために、コンピュータは欠かせない道具となっています。コンピュータを道具として活用できるようになるためには、OSやWord、Excelの基本操作だけではなく、ちょっとした「コツ」や「基本理念」、いわゆるコンピュータ・リテラシーを習得する必要があります。これらを学ぶことで、コンピュータを「なんとか使える」ではなく「上手に使う」ことが可能になります。そして膨大な情報をいかにスマートにまとめる(=処理する)か、その基礎を、本科目を通して学んでいきます。
授業の内容・講義手法の概要
 コンピュータ・リテラシーの獲得は「習うより慣れよ」の言葉通り、まずは自分でやってみる、ということが大切です。そこで、皆さん自身が自分からやってみようと思うような課題を、毎回イッツクラスにアップしていきます。毎回授業開始時に、それをダウンロードし、制限時間内に提出する、といった演習を行っていきます。
授業の方法
 演習
授業計画
1.
ガイダンス 情報倫理、Windowsの使い方、キーボード、タイピング等
2.
Wordを使いこなす① 環境設定・文字入力
3.
Wordを使いこなす② 文字編集①
4.
Wordを使いこなす③ 文字編集②
5.
Wordを使いこなす④ 作表機能
6.
Wordを使いこなす⑤ 作図機能
7.
Wordを使いこなす⑥ これまでのまとめ
8.
Wordのまとめ 実技試験
9.
Excelを使いこなす① Excelの使い方、四則演算
10.
Excelを使いこなす② Excelの参照方式・書式設定
11.
Excelを使いこなす③ 論理関数①合計、集計
12.
Excelを使いこなす④ 論理関数②条件設定
13.
Excelを使いこなす⑤ 論理関数③検索・置換、順位づけ、期間の算出
14.
Excelを使いこなす⑥ グラフとこれまでのまとめ
15.
Excelのまとめ 実技試験
成績評価の方法・基準
 授業への積極的な参画度(20%)、課題提出度(20%)および実技試験(60%)によって、総合的に成績を評価します。
指定教科書、参考文献など
 特に定めません。必要に応じて、授業内で適宜指示します。
履修上の留意点
 情報処理は、ステップ式の内容です。一度授業を欠席してしまうと、それ以降の授業内容がわからなくなってしまいます。出来る限り、欠席しないようにするのがいいでしょう。
事前準備学習・その他
 ふだんからコンピュータを使うこと、「もっと効率良く使うにはどうしたらいいか」と常に考えることが必要です。事後学習として、MOS(Microsoft Office Specialist)などの資格試験にチャレンジすることを薦めます。