HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
情報処理Ⅱ 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(さとう ひろし) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
佐藤 浩志
授業の目標 - 到達目標-
 Microsoft Officeを用いて、文書作成ソフト,表計算ソフトなどの中上級者向けの操作,表計算ソフトによるデータベース関数と操作,プレゼンテーションのためのスライド作成技術を習得することを目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 ビジネス文章の作成、基本的な統計処理および、処理データの表現、さらには、それらのデータから作図したグラフを用いてPower Pointの活用を学びます。
授業の内容・講義手法の概要
 1人1台のコピュータを使用して演習・実習を行います。情報処理Ⅰの履修を前提として、基本的な文章作成、基本的な表計算ソフトの扱いについては身につけている必要があります。Microsoft Officeの演習・実習を通して、情報処理能力を身につけてもらいます。
授業の方法
 講義および演習
授業計画
1.
ガイダンス、文章作成① 授業の進め方、ビジネス文書作成①
2.
文章作成② ビジネス文書作成②
3.
文章作成③ ビジネス文書作成③
4.
まとめ Word実技試験
5.
表計算① Excelの復習
6.
表計算② 基本統計量①
7.
表計算③ 基本統計量②
8.
表計算④ 散布図、相関係数
9.
表計算⑤ 分析ツール
10.
表計算⑥ 表計算データベース
11.
まとめ Excel実技試験
12.
プレゼン用ソフト演習① スライド作成技術①
13.
プレゼン用ソフト演習② スライド作成技術②
14.
課題製作 プレゼン課題製作
15.
まとめ プレゼン課題発表
成績評価の方法・基準
 授業内課題:20% Word実技試験:20% Excel実技試験:40% 課題発表:20%を基本評価としますが、授業の参加姿勢、貢献度、課題の評価も加点対象とします。
指定教科書、参考文献など
特に定めません。必要に応じて授業内で適宜指示します。
履修上の留意点
 ほぼ毎回授業内課題があります。各回の講義内容に関連性があるため、断片的な出席では授業内容が十分に理解できないことに注意してください。数値処理Ⅱと併せて履修することにより、学習の相乗効果が生まれます。
 数値処理Ⅰや情報処理Ⅰを履修していることが望ましい。
事前準備学習・その他
 授業でやった例題や演習問題を繰り返し、何度も復習をしてください。
 事後学習として、MOS(Microsoft Office Specialist)などの資格試験にチャレンジすることを薦めます。