HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
プレゼンテーション・スキルⅠ 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(せぬま ふみあき) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
瀬沼 文彰
授業の目標 - 到達目標-
 分かりやすい構成と話し方はもちろんのこと、聴き手に満足してもらえる説得力のあるプレゼンテーションのスキルの習得を目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 個人対個人だけではなく、グループや集団に対して、どのように説得力を持って情報を伝達するのか、自身はどのように振る舞うべきなのかという問題について実習を通し学習してもらいます。コミュニケーションのスキルという意味で、本講義は、対人関係基礎演習(1年前期・必修)の応用と位置付けられます。
授業の内容・講義手法の概要
 プレゼンテーションの基礎となる考え方とスキルを講義、演習を通じて学びます。また、演習では、他の履修者のプレゼンテーションをただ聴くだけではなく評価してもらうことになります。講義、演習、ペア・グループワーク、ビデオ教材などを組み合わせながら講義を進めていきます。
授業の方法
 講義及び実習
授業計画
1.
オリエンテーション/プレゼンテーションとは
2.
プレゼンテーションとスピーチの違い
3.
プレゼンテーションの実践①
4.
WIIFYとは何か
5.
プレゼンテーションの内容と構成①
6.
プレゼンテーションの内容と構成②
7.
プレゼンテーションの内容と構成③
8.
プレゼンテーションの実践②
9.
ノンバーバル・コミュニケーション
10.
プレゼンテーションの実践③
11.
話し方の模倣
12.
話し方、表現方法①
13.
話し方、表現方法②
14.
プレゼンテーションの実践④
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 授業参画度(20%)、レポート(30%)、プレゼンテーション実技(50%)等を総合して評価します。
指定教科書、参考文献など
 参考文献は授業にて指示します。
履修上の留意点
 積極的に他者のプレゼンテーションを見たり、自分のプレゼンテーションとの比較を行いながら、自分の武器や弱点を発見し、さらに、実習に活かしていくことを要求します。
事前準備学習・その他
 事前学習は、実習の際の構成・原稿、どのように表現するのかを考えてくることです。事後学習としては、プレゼンテーションのふりかえりと日常生活で話し方のうまい人の研究(学校やテレビのアナウンサーなど)を行うことと、読書などを通じボキャブラリーを増やすことをすすめます。