HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
プレゼンテーション・スキルⅡ 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(かじうら ひとし) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
梶浦 斉史
授業の目標 - 到達目標-
 プレゼンテーションの方法論、テクニックではなく、目的、戦略など本質面からのアプローチで実戦的なプレゼンテーションを学びます。到達目標としては、相手に理解されるプレゼンテーションスキルの習得を目指します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 当科目は、総合教育科目のアカデミック・スキル科目の授業です。
 プレゼンテーションとは、派手なパワーポイントや映像を使って「ショー」をすることではありません。あなたの考えを他者につたえるためのコミュニケーション手段です。実際の社会では、様々な場面でプレゼンテーション能力が必要になります。全く新しい事業提案、旧い事業の改善提案、そして日常業務の中での小さな提案など、必要になる機会は多岐にわたります。プレゼンテーションのスキルは身近なことにも応用可能といえます。そのためには、一方的な自己主張ではなく、プレゼンテーションする相手、そして相手の置かれている環境なども視野に入れてコミュニケーションする必要があります。的確な環境分析、目標設定、戦略・戦術があってこそ、プレゼンテーションは成功に繋がります。この科目では、日常でも使える実戦的なプレゼンテーションを前提に、必要となる様々な領域の学習を進めます。
授業の内容・講義手法の概要
 毎回の授業は、UNIPROVE/CSから配布する教材で行います。教材には学生の記入欄があるので、それを埋めながら授業を進めます。前半の授業では、プレゼンテーションに関する知識の習得、後半の授業では演習を中心とした授業を行います。
授業の方法
 (講義)本授業は、講義とディスカッション形式で進めていきます。プレゼンテーションは、自らの「気づき」が必要です。相手の話を聴く能力、そして的確に答える能力。そのためには「気づき」が重要となります。演習では実際のプレゼンテーションを実施してもらい皆で評価をします。尚、毎回の授業でも受講学生による発表の場を設定しプレゼンテーションスキルの向上を目指します。
授業計画
1.
プレゼンテーションとは(総論)
2.
日常の中のプレゼンテーション
3.
プレゼンテーションの実例
4.
プレゼンテーションの目的
5.
マーケティングを考える
6.
目標と戦略
7.
プレゼンテーション戦術
8.
中間のまとめ
9.
演習 オリエンテーション
10.
演習 課題の分析
11.
演習 課題の解決にむけて
12.
演習 プレゼンテーション
13.
演習 プレゼンテーション
14.
演習 プレゼンテーションを評価する
15.
最終講義 まとめ
成績評価の方法・基準
 受講態度、参加度(30%)、演習(30%)、試験(40%)で総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 特にありません。
履修上の留意点
 UNIPROVE/CSから配布する教材を必ずプリントアウトして出席してください。教材を持たない学生の出席は認めません。
事前準備学習・その他
 日常の中でもプレゼンテーションは存在しています。周囲の学友や社会人の話術や話し方に関心を向けて自分の活用できるアイディアを探求して、本授業に参加してください。