HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
簿記論(読替:簿記論Ⅰ) 1 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・必修
(どうげ、とくだ、ので、もりた) 学生との連絡方法:
初回の授業で指示します。
道下徳田野手森田
授業の目標 - 到達目標-
 複式簿記による記録・計算・報告の初級スキルを修得することをねらいとします。具体的には、複式簿記のルールに従って、次の点ができるようになることを目標とします。
①企業取引を記録できるようになる。
②基本的な月次決算の処理を行うことができるようになる。
③月ごとに取引記録を集計して月次損益を把握することができるようになる。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 皆さんは、サービス経営学部で身につけなければならない知識・スキルがあります。そのひとつが、数値によって会社の活動を把握して、説明するという力です。簿記論はそのスタートとなる重要な必修科目です。4年間を通じて皆さんが企業の数値の意味を理解し、経営の成否を判断できるようになるためにも、しっかりと複式簿記のスキルを身につけなければなりません。複式簿記は、企業の経済活動を記録・計算・報告する技術です。学習を通じて皆さんは、複式簿記の固有の役割や機能を理解できるようになります。
 本科目は、その後に続く「会計学概論」「財務会計論」「管理会計論」「財務分析」「国際会計論」「ホスピタリティ会計論」といった会計関連科目の基礎科目という位置付けだけではなく、その後のコースの基礎となる科目です。
授業の内容・講義手法の概要
 簿記論は、第1の到達目標を記帳技術の修得と企業取引の理解においています。授業では記帳技術や取引の解説の後、実際に問題を解くことで記帳スキルを身につけていきます。したがって、この授業では講義に加えて、実際に記帳するという練習がセットになっているのが特徴です。
授業の方法
 講義および演習
授業計画
1.
オリエンテーション、簿記の要素(資産・負債・資本)と貸借対照表
2.
簿記の要素(収益・費用)と損益計算書
3.
損益の計算(財産法と損益法)
4.
簿記の手続き
5.
商品売買取引の処理(1)
6.
商品売買取引の処理(2)
7.
現金預金取引の処理
8.
手形・電子記録債権取引の処理
9.
その他の期中取引の処理(1)
10.
その他の期中取引の処理(2)
11.
その他の期中取引の処理(3)
12.
その他の期中取引の処理(4)
13.
試算表(1)
14.
試算表(2)
15.
総復習
成績評価の方法・基準
 定期試験80%、授業参加度(コメント票・授業への積極的な参加と貢献度など)20%により、総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 指定教科書:初回の授業で指示します。
 参考文献:森川八洲男『精説簿記論』白桃書房。
履修上の留意点
 この授業は段階的に複式簿記のスキルを修得できるようにプログラムされていますので、継続的な履修を心がけてください。また、授業には電卓を持参してください。
事前準備学習・その他
 復習に力を入れてください。また、この授業の内容は、日本商工会議所主催簿記検定試験(以下「日商簿記」という。)の初級の範囲に準拠しています。さらに、「総合演習(日商簿記)」を履修することで、日商簿記3級以上の受験に備えることができます。資格の取得を推奨します。