HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
マーケティング 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(たかせ ひろし) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニグループ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
高瀬 浩
授業の目標 - 到達目標-
 本授業の目標は、マーケティングの基本的な考え方を理解し、将来、社会でも実践で生かせるようにすることです。そのために、企業で実際に行われているマーケティング活動を事例に取り上げながら、いかにして「無理なく自然に売れる仕組み」を構築していくのか、市場環境分析からそのプロセスを辿りながら、基本的なマーケティングの考え方の枠組み(フレームワーク)を学んでいきます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 マーケティングは、企業活動における顧客と企業との橋渡し役でもあるため、経営学の中でも重要な科目の一つです。特に、成熟化した社会では既にさまざまなモノやサービスが市場に溢れているため、何もしなければモノやサービスはなかなか売れません。そこで、顧客を知り、ニーズを把握し、市場に対して適切な働きかけをすることが重要になってきます。その機能を果たすのが、マーケティングです。したがって、2年次以降で履修する専門科目においても、マーケティングの知識や視点が必ず生かされます。ですから、マーケティングの基本的な知識の習得はとても重要になるのです。
授業の内容・講義手法の概要
 基本的には、教科書に照らしながら授業計画に沿って授業を行います。本授業では、企業で実際に行われている身近なマーケティング活動の事例を取り上げながら、重要なマーケティングの概念や用語をわかりやすく解説しつつ、どのようにして顧客のニーズを把握し、「無理なく自然に売れる仕組み」を構築しているのか紐解いていきます。そのために、多くの企業の事例を扱いますが、その中でさまざまな問題を皆さんに問いかけながら、理解を深められるようにしていきます。そこで、集中して授業が聞けるように講義で説明する要点をまとめたレジュメを毎授業で配布し、授業では、理解度を確認するために講義に関するコメント票を課します。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義・評価方法および科目の特徴 および マーケティングとは何か
2.
市場環境分析(マクロ分析とミクロ分析 など)
3.
マーケティング・プロセス(STP)
4.
マーケティング・ミックス(製品戦略①)
5.
マーケティング・ミックス(製品戦略②)
6.
マーケティング・ミックス(価格戦略①)
7.
マーケティング・ミックス(価格戦略②)
8.
マーケティング・ミックス(流通戦略①)
9.
マーケティング・ミックス(流通戦略②)
10.
中間試験
11.
マーケティング・ミックス(プロモーション戦略①)
12.
マーケティング・ミックス(プロモーション戦略②)
13.
ブランド戦略①
14.
ブランド戦略②
15.
全体のまとめ
成績評価の方法・基準
 中間試験(30%)、期末試験(70%)に加えて毎授業でのコメント票と授業への参画度等も加味し、総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
参考文献:高瀬浩著 『ステップアップ式MBAマーケティング』 ダイヤモンド社 2005年
小川孔輔著 『マーケティング入門』 日本経済新聞出版社 2009年
履修上の留意点
 市場に投入されるさまざまな商品やサービスを見て、何が良く売れ、何が市場から去っていくのか注意深く観察し、そこにはどのような特徴があるのかを日頃から考えてみるようにしてください。
事前準備学習・その他
 授業での理解が深まるように事前に教科書を読んでから受講してください。また、受講後には復習として教科書に書かれている該当する章の練習問題にもチャレンジしてみてください。こうした事後学習によって、授業内容の復習とともに自らの学習修得度合いがチェックできます。