HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
会計学概論 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(どうげ ともこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
道下 知子
授業の目標 - 到達目標-
 企業の経営活動を把握するためには、ビジネスの言語としての企業会計の理解が重要です。この講義では、次の4点を到達目標とします。
(1)貸借対照表と損益計算書の作成に至るプロセス全体(簿記一巡の流れ)を把握すること
(2)貸借対照表と損益計算書及びキャッシュ・フロー計算書の果たす役割を理解すること
(3)資産、負債、純資産、収益、費用という複式簿記の5 要素の特質を理解すること
(4)会計基準、財務諸表に関する諸法令、構造などを理解し、分析することを通じて、企業の財政状態、経営成績、キャッシュ・フローの状況などを判断できる能力を身につけること
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 企業会計の目的は、企業が会計基準や諸法令にそって公正妥当な会計処理を行い、企業の経営実態を明らかにすることによって、株主・債権者や取引先などのステークホルダー(利害関係者)に必要かつ十分な情報提供を行うことです。それにより、公表された財務諸表を分析し、経営実態を正しく把握したうえで投資や取引などの重要な判断を下すため、企業会計の情報は重視されているのです。  そこで、この講義では、企業の財務諸表の基本的な理解を深めることを目標とします。このことから、財務諸表が報告する企業の財政状態、経営成績、キャッシュ・フローの状況などを判断できる能力を身につけることが可能となります。
授業の内容・講義手法の概要
 この講義では、財務諸表を概観したうえで、貸借対照表と損益計算書及びキャッシュ・フロー計算書の特質及び構成要素を理解し、最終的には財務諸表を分析するスキルを学修します。
 講義方法は、当日の学修テーマを概説し、演習問題で具体的な課題箇所を実感してもらったうえで、再度その意義を解説する手順をとります。全体像の理解と個別的処理の向上の両方に配慮しつつ、講義を進行していきます。
授業の方法
 講義および演習ののち、講義内容を再度解説します。
授業計画
1.
講義、評価の方法及び科目の特徴
2.
財務諸表とは−会計の基本的プロセスと財務諸表の概観
3.
貸借対照表のしくみ①−貸借対照表の構造・様式とは?
4.
貸借対照表のしくみ②−貸借対照表に示される資産・負債・純資産の構成要素の理解
5.
貸借対照表のしくみ③−貸借対照表の具体的な読み方
6.
損益計算書のしくみ①−損益計算書の構造・様式とは?
7.
損益計算書のしくみ②−損益計算書に示される5つの利益の理解
8.
損益計算書のしくみ③−損益計算書の具体的な読み方
9.
中間のまとめ
10.
キャッシュ・フロー計算書のしくみ①−キャッシュ・フロー計算書の位置づけ
11.
キャッシュ・フロー計算書のしくみ②−貸借対照表・損益計算書との関係
12.
財務諸表分析①−誰がどのような情報をどのように分析するか
13.
財務諸表分析②−どういう基準で分析結果を判断するか
14.
財務諸表分析③−実際の分析方法・指標の学習
15.
総まとめ
成績評価の方法・基準
 定期テスト70%、授業参加度(コメント票、講義への積極的な参加と貢献度など)30%により、総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 指定教科書: 初回の授業で指示します。また、毎回の講義では適宜レジュメを配布します。
履修上の留意点
 簿記論の内容を習得したうえで、履修してください。また、演習には計算が伴いますので電卓を各自持参してください。
事前準備学習・その他
 復習を心がけてください。ビジネス会計検定試験、日商簿記検定試験等の資格試験が実施されています。この授業を手掛かりとして検定試験にチャレンジすることを推奨します。