HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
会計学概論 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(ので ゆうじ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
野手 裕之
授業の目標 - 到達目標-
 会計学の基本的な考え方を理解することを通じ、会計数値を理解できるようになることを目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 会計は「企業を映す鏡」だといわれています。それを見た人が企業の姿を信用できるように、会計は本当の姿を映さなければなりません。企業の経済活動を計数的に把握して、その結果を関係者に報告することで、それを見た人の意思決定を助ける役割を果たすのです。
授業の内容・講義手法の概要
 会計は貨幣数値をもちいて企業の活動を記録・計算・報告する制度です。会計学の領域には財務会計(外部報告会計)と管理会計(内部利用会計)があります。財務会計は企業の外部利害関係者に対して意思決定に有用な会計情報を提供することを目的とした制度です。そこで会計制度のしくみと決算報告書の読み方を学習するために具体的な取引を簿記記録を利用して理解していきます。管理会計は企業内部の経営者や部門管理者に対して経営上の業績評価や意思決定に必要な会計情報を提供することも目的としています。そこで業績管理と内部意思決定の基礎を単純化したモデルを利用して学習します。
授業の方法
 授業は、講義形式で、パワーポイントを用いて進めていきます。
授業計画
1.
講義、評価の方法および科目の特徴
2.
企業会計の目的と領域
3.
企業会計の基礎概念
4.
発生主義会計の特徴
5.
発生主義会計の手続き
6.
財務会計(制度会計)
7.
財務諸表の内容
8.
原価計算(総合原価計算)
9.
原価計算(単純総合原価計算)
10.
管理会計
11.
管理会計
12.
財務諸表分析(収益性分析)
13.
財務諸表分析(安全性分析)
14.
税務会計
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 期末テスト(80%)、コメント票(10%)、課題(10%)によって、総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 
履修上の留意点
 
事前準備学習・その他
事前準備…イッツクラスにて資料を印刷してください。
事後学習…授業の内容を整理してください。