HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
中級経済学 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(なかたに ゆうすけ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。
中谷 勇介
授業の目標 - 到達目標-
 ミクロ経済学およびマクロ経済学における主要な基礎的理論を身に付け、私たちを取り巻く経済を理解します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 1年生前期の初級経済学で学んだ知識をもとにして、ミクロ経済学およびマクロ経済学の基礎理論をマスターします。経済学には個々の消費者の行動や個々の企業の行動から経済を分析するミクロ経済学と、国家や国民、そして市場といった大きな単位で経済をとらえて分析するマクロ経済学があります。
 前半ではミクロ経済学、後半ではマクロ経済学の内容を扱います。ミクロ経済学の分野では需要と供給の分析、消費者の行動、企業の行動、競争を中心に取り上げます。マクロ経済学の分野では、GDPがどう決まるか、消費者のマクロ的な行動、金融、そして財政政策および金融政策について取り上げます。
 消費者がどう行動するか?企業がどう行動するか?それらに影響を与える国の行動は?という私たちを取り巻く経済の仕組みを理解するための「問い」を明らかにしていきます。この授業での内容は、2年次以降に履修する経済学系・経営学系の専門科目をより深く習得するための必要不可欠な知識となります。
授業の内容・講義手法の概要
 テーマに関連した新聞記事や雑誌記事を紹介しながら、板書を主体として授業を行います。なお、途中に中間テストを1回実施します。毎回のコメントカードにより、授業で習った「経済原理」から話題になっている日々の経済ニュースをどう理解するかというトレーニングを行います。また、単元ごとに小テストを実施するので授業の復習および授業への積極的な参加が望まれます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
経済学の基本的な考え方
2.
需要供給分析
3.
市場の均衡
4.
消費者の行動
5.
生産者の行動
6.
不完全競争
7.
市場の失敗
8.
中間テストおよび解説
9.
国民所得の決定
10.
消費者物価
11.
貯蓄と投資
12.
財政政策(1) ―財政政策とは
13.
財政政策(2) ―政策のもたらす問題点
14.
金融政策(1) ―金融政策とは
15.
金融政策(2) ―政策のもたらす問題点
成績評価の方法・基準
 ①コメントカード(30%)、②中間テスト(30%)、③期末テスト(40%)。
指定教科書、参考文献など
教科書: なし
 参考文献は授業中に適宜指定します。
履修上の留意点
 特になし。
事前準備学習・その他
 事前学習として参考資料等を配布しますのでそれを読んでおくこと、また経済や経営についての新聞記事やニュースなどの内容をチェックすることが求められます。毎回の授業時にコメントカードの記入がありますので、授業テーマと関連した内容を調べておくことが事後学習として求められます。