HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
日本語Ⅰ 1 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択
(まるけす・ぺどろ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
MARQUES PEDRO
授業の目標 - 到達目標-
 大学生活はもちろん、日本における個人生活でも不可欠となる日本語能力の「聞く・話す・読む・書く」の4技能を伸ばし、自分なりの日本語を築いていきます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 日本語教育が所属する言語教育という専門分野は、正に「生きること」を対象とする全体的な意味での人間科学です。言語教育の目的は、ことばの記述・語彙・文法や構造を教えることではないかと誤解する人もいるでしょう。しかし21世紀の言語教育は、それを超えて、ことばのみならず「全人的教育」であると言われています。それは、学習者の視野・世界を広げること、異文化間・異言語間のコミュニケーションを促進させること、アイデンティティの再更新の場を提供すること、一人ひとりの自分なりのことば・表現を応援すること等が目標として挙げられます。留学生・外国人生徒の大学生活と個人生活を合わせた「学生の人生」そのものをサポートすることがゴールです。
授業の内容・講義手法の概要
 本コースでは、「文型を学ぶ」、「漢字を学ぶ」、「構造を学ぶ」などという「日本語を学ぶ」ことを目標とするよりも、「日本語による活動を通して、日本語を学ぶ」ことを学びの土台とします。つまり、学生と教師がともに様々な活動を行いながら、日本語の文法項目や読み書きの学習を「生きた状態で」体験するという授業です。学生にとって重要・意味のあるテーマを基に、文法・文字・語彙・構造学習を照らしながら、様々な活動を行います。
授業の方法
 講義、演習(グループワーク、グループ発表、ディスカッション、調査、実験、演出)
授業計画
1.
コース紹介・自己紹介
2.
(自分と相手)基本的な表現 1
3.
(自分と相手)基本的な表現 2
4.
(自分と相手)基本的な表現 3
5.
賛成・反対1
6.
賛成・反対2
7.
賛成・反対3 
8.
(調査・発表)学校生活 テーマ
9.
(調査・発表)学校生活調査・準備
10.
(調査・発表)学校生活 発表
11.
グループディスカッション1 
12.
グループディスカッション1  
13.
グループディスカッション1 
14.
総合復習
15.
期末テスト
成績評価の方法・基準
 平常点(50点) 期末テスト(50点)
指定教科書、参考文献など
 指定教科書は使用しませんが、参考文献に関しては講義内で紹介します。
履修上の留意点
 完璧な日本語を求めるよりも、自由に活動できるように、そして自分なりの表現ができるように、明るく楽しく日本語を学び・使っていきましょう。
事前準備学習・その他
 授業ごとに指定しますが、練習問題・レポート・調査・発表の準備などが場合によりあります。