HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
サービス・ラーニング(スポーツと地域貢献) 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択
(かとう、みずの) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
加藤水野(浩)
授業の目標 - 到達目標-
 チームの課題を発見・分析する力を修得、ゴールを設定し、実行する力を体得、多様な意見・価値観を共有できる力を修得することが目標になります。そして、修得したマインド・スキルをスポーツボランティアとして役立ていきます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 スポーツは、フェアプレイ精神といった倫理観(道徳観)、チームとして働く力・相手を認める気持ち・奉仕の気持ち、コミュニケーション力などを培います。さらに、各種スポーツの練習法や集団的責任のあり方を学ぶことにより、他者に伝える、教える力(コーチングスキル)が体得できます。
 チームスポーツ(バスケットボール・サッカー)の演習を通じて、チームワークや問題解決のためのスキルと知識を身に付け、①模範の提示と目標の設定→②コーチング→③独り立ちのための足場作り→④援助の減少と独り立ちという段階学習モデルの枠組みに沿った学びを行います。
授業の内容・講義手法の概要
 この授業は、講義、アリーナでの演習・フットサルコートでの演習、講義のサンドイッチ学習法の形式で行います。
 チームスポーツを通じて、コミュニケーション力、問題解決力、自己の主体性や自他の役割を知る分析力などといった基礎力を養うための授業です。
 成果確認としてスポーツボランティアがあり、地域のジュニアチームによる「サッカー大会」の企画運営や総合型地域スポーツクラブ(NPO法人ふぁいぶる狭山スポーツクラブ)の「バスケットボール教室」などに参加し、クラブ支援ボランティアを行います。
授業の方法
[演習]・[講義]
授業計画
1.
ガイダンス:(授業の目的と方法)
2.
講義:予備知識の習得①・スポーツボランティア
3.
講義:予備知識の習得②・自己分析と行動計画
4.
講義:サッカーイベント企画・運営計画①
5.
講義:サッカーイベント企画・運営計画②
6.
講義:サッカーイベント企画・運営計画③
7.
演習:サッカーイベント準備①
8.
演習:サッカーイベント準備②
9.
講義:予備知識の習得③・リスクマネジメント
10.
演習:サッカーイベント準備③
11.
演習:サッカーイベント準備④
12.
演習:ファミリーサッカースクールの運営①
13.
演習:ファミリーサッカースクールの運営②
14.
演習:Bunri Cup運営①
15.
演習:Bunri Cup運営②
16.
講義:イベント総括①
17.
講義:イベント総括②
18.
講義:成果報告会準備
19.
講義:成果報告会(報告書①)
20.
講義:チームビルディング①
21.
講義:チームビルディング②
22.
演習:グループワーク①
23.
演習:グループワーク②
24.
演習:グループワーク③
25.
演習:グループワーク④
26.
演習:グループワーク⑤
27.
演習:グループワーク⑥
28.
演習:グループワーク⑦
29.
講義:チームビルディング③
30.
総括・成果報告会(報告書②)
成績評価の方法・基準
 演習平常点(25%)、講義平常点(25%)、報告書(50%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 教科書は指定しません。資料等、適宜配布します。
 参考文献等は必要に応じて指示します。
履修上の留意点
 
事前準備学習・その他
事前準備:事前に課題が与えられます。資料準備や復習課題をきちんとこなしてください。
事後学習:授業で修得した知識や手法を活用するためにも、スポーツボランティアに積極的に参加し、成果を確かめましょう。