HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
サービス・ラーニング(地域イベント・ボランティア) 1 通年 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(かげやま、はっとり) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
影山服部(映)
授業の目標 - 到達目標-
 地域イベント・ボランティアの活動を通じて、①社会とのつながり、社会における自分についての理解、②社会、コミュニティの問題・ニーズを発見しそれに対応する能力を磨きます。また、チームワーク活動に参加することで、③チームの一員として活動する際に必要なコミュニケーション能力、ストレスコントロール力を身に付け、将来のキャリアに対する準備性を高めます
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 チームワークによる活動のプロセスで得られる経験蓄積は、学生のキャリア準備性を高め、本学のキャリア教育との相乗的効果を実現します。また、地域での活動(イベント・ボランティア等)を通じ、地域社会の諸問題に触れながら、各自の関心分野(都市、地域経済、サービス、福祉、コミュニティ、メディア、マーケティング等)を拡げつつ、専門知識と実社会の事象との統合的理解を図ります。
授業の内容・講義手法の概要
 主に大学周辺の「地域」において、地域の事業者、市民団体、行政機関等と産学協働しながら年間を通して継続的な活動を行います。チームで進めるプロジェクトに上級生と共に参画し、上級生のリーダーシップ、及びコーディネートの下、チームの一員として活動する中で得た各自の失敗・成功経験に目を向け、チームでの目的達成を図るための各自の経験則を探求します。受講生は担当教員・上級生の助言を受けながら、プロジェクトの企画〜運営に携わります。なお、随時、学外連携機関の窓口であるヒューマンサービスセンター(HSC)の支援を受けながらプロジェクトを進めます。全員に、中間報告会、成果報告会での活動報告を求めます。
授業の方法
 実習
授業計画
1.
ガイダンス
2.
オリエンテーション①
3.
オリエンテーション②
4.
地域の人材ニーズを知る
5.
自己分析・個人面談
6.
地域見学
7.
地域見学
8.
実際の活動
9.
実際の活動
10.
実際の活動
11.
実際の活動
12.
実際の活動
13.
実際の活動
14.
中間報告準備
15.
中間報告
16.
ガイダンス
17.
オリエンテーション①
18.
オリエンテーション②
19.
地域の人材ニーズを知る
20.
自己分析・個人面談
21.
実際の活動
22.
実際の活動
23.
実際の活動
24.
実際の活動
25.
実際の活動
26.
実際の活動
27.
ふりかえり
28.
成果報告会準備
29.
成果報告会準備
30.
成果報告会準備
成績評価の方法・基準
 この科目は、何よりも自主性を評価します。ボランティア等への積極的な参加と態度(70%)、事後レポート等(30%)により、総合的に評価します
指定教科書、参考文献など
参考文献:長沼 豊(2014)『人が集まるボランティア組織をどうつくるのか―「双方向の学び」を活かしたマネジメント―』 ミネルヴァ書房
履修上の留意点
 実際の活動は地域に出て行うため、授業時間の中で行うものではありません。必ずガイダンスに出席し、履修要件等を確認してください。活動内容は基本的に自分で選択することができますが、指定された活動やイベントに参加してもらうこともあります。
事前準備学習・その他
 活動先の情報を収集し、毎回活動の整理を行ってください。