HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
フィールドワーク(社会調査士科目) 1 通年 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(たなべ ただし) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。
田辺 忠史
授業の目標 - 到達目標-
 さまざまな質的データの収集や分析方法、つまり質的調査について学ぶ科目です。個人の主観的意味づけや多面性、社会事象の構造などを捉えることが出来るようになることが目標です。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 社会調査法の質的調査を学びます。
 質的調査とは、調査対象の質的側面、つまり数量では捉えきれない側面に着目した調査です。つまり、調査対象のさまざまな情報を以下のような技法を用いて収集し、調査者自らがそれらの情報を整理、加工し、質的データに作り上げる調査方法です。
授業の内容・講義手法の概要
 個人的な記録(自伝・手紙・HPやブログ)や公的記録(新聞記事・雑誌記事・公的資料)などを材料にし、聞き取り調査、参与観察法、ドキュメント分析、フィールドワーク、インタビュー、ライフヒストリー分析、会話分析などを学びます。
授業の方法
 講義と実習
授業計画
1.
フィールドワークとは
2.
定性的調査とは(1)
3.
定性的調査とは(2)
4.
文献調査(ライブラリーワーク)(1)
5.
文献調査(ライブラリーワーク)(2)
6.
聞き取り調査の手法 (1)
7.
聞き取り調査の手法 (2)
8.
聞き取り調査の手法 (3)
9.
聞き取り調査の手法 (4)
10.
観察法 (1)
11.
観察法 (2)
12.
観察法 (3)
13.
観察法 (4)
14.
インタビュー(面接)の方法 (1)
15.
インタビュー(面接)の方法 (2)
16.
インタビュー(面接)の方法 (3)
17.
インタビュー(面接)の方法 (4)
18.
会話分析 (1)
19.
会話分析 (2)
20.
会話分析 (3)
21.
会話分析 (4)
22.
テキストデータの分析 (1)
23.
テキストデータの分析 (2)
24.
テキストデータの分析 (3)
25.
テキストデータの分析 (4)
26.
トライアンギュレーション(方法論的複眼)
27.
トライアンギュレーション(方法論的複眼)
28.
フィールドワーク総合演習
29.
フィールドワーク総合演習
30.
まとめ
成績評価の方法・基準
 参加度(40%)と課題(60%)で評価を行います。
指定教科書、参考文献など
 大谷信介 他 2013『 新・社会調査へのアプローチ』 ミネルヴァ書房
 参考文献は適宜指示します。また、資料を適宜配布します。
履修上の留意点
 社会調査士の資格取得を目指す場合は科目の段階履修(資格解説項に別掲)を行ってください。
事前準備学習・その他
 事前の資料準備や復習課題をきちんとこなしてください。