HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
海外フィールドワーク(ブライダル) 1 通年 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(とくだ こうえん) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
徳田 行延
授業の目標 - 到達目標-
 海外でのブライダル演習を通じて、地域的なホスピタリティ・デザイン&コミュニケーションの違いを学びます。
・役割ごとのチームへの参加を通じて、問題を解決するための方法を提案できる、または仲間の提案を理解し、組織の目標を達成するために協調的にチームに参加できる(関心・意欲・態度)。
・チームへの参加を通じて、仕事の中での学習についてのマイセオリーを見つけ出す(思考・判断)。
・ブライダルの地域独自の知識を身につけ、ブライダルサービスの実践を理解する(知識・理解)。
・協働により仕事の達成を意識したコミュニケーションスキルを身につける(スキル・表現)。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 2年次からホスピタリティ・ツーリズムコースのブライダル専門分野に適した、体験・実習科目として位置づけられ、特にブライダルに関心のある学生に履修することを勧めます。
 加えて、他のコースに関心を持っている学生も、異文化や地域性のあるホスピタリティを理解・体験するという点からは有効な学びです。
授業の内容・講義手法の概要
 海外での観光・ブライダルの企画・運営を行い、現地との打ち合わせを重ねて海外で実習として結婚式・披露宴を実施します。加えて、海外の観光産業やホスピタリティについて学修を行います。事後として報告会でのプレゼンテーションと成果物の作成を行います。
授業の方法
 実習
授業計画
1.
ガイダンス
2.
海外観光事業の理解
3.
海外ブライダルの理解 ①
4.
海外ブライダルの理解 ②
5.
海外ホスピタリティの理解 ①
6.
海外ホスピタリティの理解 ②
7.
実習準備
8.
実習準備
9.
実習準備
10.
実習準備
11.
実習準備
12.
実習準備
13.
実習準備
14.
実習準備
15.
実習準備
16.
実習準備
17.
実習準備
18.
実習準備
19.
実習準備
20.
実習準備
21.
実習準備
22.
実習準備
23.
実習準備
24.
実習
25.
実習
26.
実習
27.
実習
28.
実習
29.
振り返り
30.
プレゼンテーション
成績評価の方法・基準
 授業への到達目標を基準にして総合的に判断します
指定教科書、参考文献など
 なし
 参考文献は適時紹介
履修上の留意点
 授業時間外に、実習準備のために自主的なチームミーティングが相当時間必要となります
事前準備学習・その他
 予備学習ノートの作成と、実習報告を求めます