HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
総合演習Ⅰ(集団的スポーツ) 1 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(かとう、みずの) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
加藤水野(浩)
授業の目標 - 到達目標-
 スポーツのチームビルディングを通して、チームで学ぶことを経験し、目的を達成するための方法を身に付けます。チームで問題解決を行う力を養うことがこの授業の目標です。
①自らが自律的に役割を担います。
②チームワークの意味を話し合うことでコミュニケーション力を身につけます。
③実践において課題解決ができるようになります。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 フットサルやバスケットボールは、集団的スポーツ(チームスポーツ)です。こうした集団的スポーツでは、チームを作ることから始めます。チームビルディングのプロセスでは仲間を知り、認め合うコミュニケーション力が重要となります。そのうえで互いに教えあい、学びあうことで気持ちがひとつになり、チームの目標達成には何が必要であるか、どのような振る舞いが重要であるかを学びます。
 授業への参加は、チームの実践活動(フットサルやバスケットボールを通じたチームワーク・ラーニング)への参加を意味します。履修者は参加を通じてチームに貢献し、チームの一員になっていくことができるのです。そのために、①個々の模範の提示と目標の設定→②コーチング→③独り立ちのための足場作り→④援助の減少と独り立ちという4段階があるといわれています。
 ここでは、フットサルやバスケットボールを行い、チームビルディングへの参加のプロセスを通じて、チームワークとコミュニケーション力について学んでいきます。
授業の内容・講義手法の概要
 履修者がフットサルチーム・バスケットボールチームに分かれ、時限前半は、それぞれのチームでテーマや課題に合わせ、演習・実技形式で授業を展開します。時限後半では、それぞれの教室に集まり、講義形式で、テーマや課題、問題点についてグループワークなどを通じて学びます。それぞれ専門担当教員の意見も交えながら、問題解決する力を高めていきます。
授業の方法
 [演習]・[講義]
授業計画
1.
ガイダンス:(講義内容、評価の説明)
2.
ガイダンス:(演習/ 実技内容、評価の説明)
3.
講義:チームビルディングとは①
4.
演習:チーム・コーディネーションドリル①
5.
講義:チームビルディングとは②
6.
演習:チーム・コーディネーションドリル②
7.
講義:チームのルールをつくる
8.
演習:チーム・コーディネーションドリル③
9.
講義:チームにおける自己の役割とは①
10.
演習:チーム・ファンダメンタルドリル①
11.
講義:チームにおける自己の役割とは②
12.
演習:チーム・ファンダメンタルドリル②
13.
講義:課題・目標に対しての自己の役割①
14.
演習:チーム・ゲームドリル
15.
講義:各チーム発表会
16.
講義:グループワークとは・レポート①
17.
演習:チーム・コーディネーションドリル①
18.
講義:課題・目標に対しての自己の役割②
19.
演習:チーム・コーディネーションドリル②
20.
講義:チームワークの意味を考える①
21.
演習:チーム・コーディネーションドリル③
22.
講義:チームワークの意味を考える②
23.
演習:チーム・ファンダメンタルドリル①
24.
講義:スポーツのリスクマネジメント①
25.
演習:チーム・ファンダメンタルドリル②
26.
講義:スポーツのリスクマネジメント②
27.
演習:チーム・ゲームドリル
28.
講義:チームワークとコミュニケーション
29.
総括:自己チェックシートの記入
30.
総括:テスト、レポート②
成績評価の方法・基準
 演習平常点(20%)、講義平常点(20%)、課題・レポート(30%)、テスト(30%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 教科書は指定しません。資料等、適宜配布します。
履修上の留意点
 後期に開講されるサービスラーニング(スポーツと地域貢献)の、前段階の学びとして位置づけられています。
事前準備学習・その他
事前準備:特にありません。また、スポーツの経験等も問いません。
事後学習:授業で習得した、チームワークやコミュニケーション力を大学生活に大いに活用してくれることを期待しています。