HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
総合演習Ⅰ(日商簿記)(読替:総合演習(日商簿記)) 1 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(どうげ ともこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
道下 知子
授業の目標 - 到達目標-
 この講義では、次の3点を到達目標とします。
(1)貸借対照表と損益計算書の作成に至るプロセス全体(簿記一巡の流れ)を把握すること
(2)決算修正の意味を理解し、特に資産と費用の数値の関連性について理解すること
(3)簿記検定3 級(ないし2級)レベルの内容を修得すること
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本科目は、簿記検定試験(日商簿記、全経簿記)の出題範囲を念頭に、3級(ないし2級)の検定合格を目指すために設定されています。
 科目の特性上、理解が遅れた学生に対するフォローの時間は確保しづらいので、仮に授業についていけない場合には、復習時間を増やして追いつく努力をするか、次年度に再チャレンジをするかの選択が必要になります。
授業の内容・講義手法の概要
 本科目では、商業簿記の範囲における(1)「簿記一巡の手続き」の理解を徹底すること、(2)期中における各種取引の仕訳を修得すること、(3)決算修正の基礎を修得すること、を中心に授業をすすめますが、受講者の進捗度によっては、工業簿記の範囲における勘定連絡図を中心とした工業簿記の基礎を理解することも目指して授業を進行する予定です。
 講義方法は、当日の学習テーマを概説し、演習問題で具体的課題箇所を実感してもらった上で、再度その意義を解説する手順をとります。全体像の理解(鳥瞰図的把握)と個別的処理の向上の両方に配慮しつつ、講義を進行させていきます。
授業の方法
 講義および演習ののち、講義内容を再度解説します。
授業計画
1.
講義、評価の方法および科目の特徴
2.
簿記論の学習領域の基礎確認
3.
商品売買と現金、当座預金勘定
4.
手形・小切手の処理
5.
その他の債権・債務の処理①
6.
その他の債権・債務の処理②
7.
有価証券
8.
固定資産
9.
理解度確認小テスト・復習
10.
帳簿組織①
11.
帳簿組織②
12.
試算表の作成①
13.
試算表の作成②
14.
伝票会計①
15.
伝票会計②
16.
決算手続①
17.
決算手続②
18.
決算手続③
19.
精算表の作成①
20.
精算表の作成②
21.
勘定の締切
22.
総復習①
23.
総復習②
24.
理解度確認小テスト
25.
簿記検定演習①
26.
簿記検定演習②
27.
簿記検定演習③
28.
簿記検定演習④
29.
総まとめ①
30.
総まとめ②
成績評価の方法・基準
 期末テスト65%、授業参加度(コメント票・講義への積極的な参加と貢献度)35%により、総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 受講者の理解・進捗度に応じて、適宜プリントを配布します。
履修上の留意点
 簿記論は、段階的に複式簿記のスキルを修得できるようにプログラムされています。簿記論の内容を修得したうえで、履修してください。また、演習には計算が伴いますので電卓を各自持参してください。
事前準備学習・その他
 簿記検定試験、ビジネス会計検定試験等の資格試験が実施されています。この授業を手がかりとして検定試験にチャレンジすることを推奨します。なお、受講者の進捗度に応じ、随時対応します。