HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会調査実習 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(たなべ ただし) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
田辺 忠史
授業の目標 - 到達目標-
 この授業では、定量的か定性的(あるいは両方)の社会調査を企画・立案し、実際の調査を実施し、データの分析・解釈を行った上で、論文形式の調査報告書を作成するまでの過程を包括的に学ぶことを目的とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 それぞれの興味関心のあるテーマを選んだ上で調査計画を立てます。調査計画の際には、先行文献の研究を踏まえた上で仮説やリサーチクエスチョンを設定し、定量的調査の場合は質問項目の作成、定性的調査の場合は、インタビューや監察等のプロトコルを設定します。また、データ収集のための準備作業やマネジメントを適切に行い、実際にデータの収集を行います。データの加工・分析を実施した上で、仮説あるいはリサーチクエスチョンとの関係性をもとに、結果の解釈および考察を行います。これらすべての過程を論文として調査報告書にまとめます。
授業の内容・講義手法の概要
 サービス経営を含む広く社会科学における調査の企画・準備から、調査実施、調査報告書作成を通して社会調査に必要なスキルを習得することを目的とした実習です。
授業の方法
 講義と演習を中心に進めていきます。
授業計画
1.
イントロダクション
2.
調査票調査の企画と仮説の構成 
3.
調査票調査の項目の選定
4.
調査票の作成
5.
調査対象の設定とサンプリング
6.
サンプリングの方法 
7.
データ分析の方法 
8.
分析結果の表現方法
9.
聞き取り調査の企画と構成
10.
観察法の企画と構成 
11.
面接の企画と構成
12.
調査案の報告・検討 
13.
調査案の報告・検討 
14.
調査修正案の報告・検討
15.
調査修正案の報告・検討
16.
実施スケジュールの作成
17.
実施準備
18.
調査の実施
19.
調査の実施
20.
調査の実施
21.
調査の実施
22.
調査票の集計
23.
単純集計結果の検討
24.
集計結果の統計分析
25.
分析結果の検討
26.
質的調査結果の報告・分析・検討
27.
質的調査結果の報告・分析・検討
28.
質的調査結果の報告・分析・検討
29.
報告書の作成
30.
報告書の作成・総括
成績評価の方法・基準
 授業参加度(50%)、課題(50%)で評価します。
指定教科書、参考文献など
 配布資料を用います。
履修上の留意点
 個人またはグループで調査の実習を行いますので、主体的参加とチームワークが求められます。また、社会調査法、フィールドワーク、情報処理Ⅱ、応用統計学、統計・定量分析手法などの科目を履修済みであることが望ましい。
事前準備学習・その他
 調査の準備と結果の分析、報告書の作成などが必要となります。