HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
総合演習Ⅱ(社会福祉士国家試験対策) 4 通年 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(まるやま さとこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
圓山 里子
授業の目標 - 到達目標-
 社会福祉士の国家試験合格を目指します。
 国家試験受験の準備をする過程で、次の2つのこともねらいとします。
1.社会福祉士としての判断を、根拠を明確にして他者に説明ができる。
2.国家試験合格という目標に向けて、自ら計画を立て実行する。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 履修できるのは、社会福祉士コース生(4年生)限定です。
授業の内容・講義手法の概要
 なぜ、国家試験に挑戦するのか、各自の目標を明確にした上で取り組みましょう。
 国家試験の過去問題に取組みながら、基礎事項の確認と知識の整理をします。
 自己学習が基本となりますが、目標を同じくする仲間と励まし合いながら、学び合うことも効果的な学習方法です。
授業の方法
 実際に国家試験の問題を解くことで各自が着実な知識の習得をはかるとともに、国家試験にむけて受講生同士が励まし合う場とします。
授業計画
1.
ガイダンス、自己目標の確認等
2.
国家試験の勉強方法について等
3.
国試過去問を活用した学習
4.
国試過去問を活用した学習
5.
国試過去問を活用した学習
6.
国試過去問を活用した学習
7.
国試過去問を活用した学習
8.
国試過去問を活用した学習
9.
国試過去問を活用した学習
10.
国試過去問を活用した学習
11.
国試過去問を活用した学習
12.
国試過去問を活用した学習
13.
国試過去問を活用した学習
14.
先輩の体験談を聞く会
15.
学内模試
16.
『受験の手引き』確認、その他
17.
一問一答形式による各科目の内容確認
18.
一問一答形式による各科目の内容確認
19.
一問一答形式による各科目の内容確認
20.
外部模試の復習、勉強方法の見直し
21.
一問一答形式による各科目の内容確認
22.
一問一答形式による各科目の内容確認
23.
一問一答形式による各科目の内容確認
24.
一問一答形式による各科目の内容確認
25.
一問一答形式による各科目の内容確認
26.
一問一答形式による各科目の内容確認
27.
一問一答形式による各科目の内容確認
28.
統計調査及び白書等による動向の把握他
29.
直近の法制度等の改正について他
30.
試験当日の動きの確認
成績評価の方法・基準
 各回の課題・練習問題への取り組み(70%)、模試等の成績(30%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
教科書:『社会福祉士国家試験のためのレビューブック2018』, メディックメディア(最新版)
参考文献:『社会福祉小六法』, ミネルヴァ書房(最新版)
履修上の留意点
 皆さんが安心して国家試験の準備をすすめ、試験当日に十分に力を発揮することができるよう、教員としても精一杯の支援をしますが、最終的に会場で試験に取り組むのは皆さん自身です。まず、さぼらずに総合演習に出席すること、そして、コツコツと自己学習を積み重ねることが、国試合格への道であることを肝に銘じてください。
事前準備学習・その他
 模試の受験等、時間割以外の時限でも実施することがあります。
 外部模試の受験費用が別途発生します。
 秋以降、自分に合った問題集を1冊購入することを推奨します。