HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
日本語演習Ⅰ 2 通年 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(さいとう しげる) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
齋藤 茂
授業の目標 - 到達目標-
 大学生として不可欠なレポートの作成について、レポートを書くためのきまりやレポートを読む人にわかりやすく書くための書き方を学び、レポートの作成の力を身につけます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 大学では多くの科目でレポートを書くことが要求されます。そのため、読む人にわかりやすく書くことやレポートとしてのきまりを守らなければなりません。資料を使う場合の引用などは正しい形で使わなければなりません。わかりやすく書くためには、助詞や接続詞・指示などを正確に使うことが大事です。
 とりわけ、日本語は膠着語(こうちゃくご)と呼ばれる言語ですから、助詞がとても重要な言語です。助詞の使い方をしっかり再確認してください。言語(ことば)は、自分の考えを相手に伝えるものです。そのためにはその言語を使う者同士の共通のルール(規則)を守ることが必要です。
授業の内容・講義手法の概要
 レポートを書くための学習であるため、文章を書くための基本的な知識についての説明を聞いて、その内容を実際に使って書いて見ましょう。 
 まず、書いて見る。間違いを恐れず書いて見ること、それを繰り返すことであなたの日本語力が向上します。
授業の方法
 講義と演習を組み合わせて行います。
授業計画
1.
授業オリエンテーション 文章を書くということはどういうことか
2.
レポートに使われる文体についての確認
3.
文の基本(1) 助詞の使い方・受け身文の使い方
4.
文の基本(2) 助詞の使い方・接続詞の使い方・語や文の名詞化など
5.
文の基本(3) 各種記号などの使い方・指示詞の使い方 まとめ
6.
まとまった文章を書く(1) 課題1
7.
まとまった文章を書く(2) 
8.
まとまった文章を書く(3)
9.
書いた文章を見直す
10.
報告型の文章(1) 課題について考える 問いを理解する
11.
報告型の文章(2) 必要な情報を調べる、集める
12.
報告型の文章(3) 情報を整理する 文の内容を考える
13.
報告型の文章(4) 内容に合わせて段落の構成を書く
14.
報告型の文章(5) 様式など最終自己チェック
15.
まとめ ふりかえり
16.
授業オリエンテーション
17.
よいレポートを書くために(1) ことばの定義
18.
よいレポートを書くために(2) 要約
19.
よいレポートを書くために(3) 比較・対照
20.
よいレポートを書くために(4) 因果関係
21.
よいレポートを書くために(5) 資料の利用
22.
よいレポートを書くために(6) 形式・きまり
23.
レポートを書く(1) 求められているのは何か
24.
レポートを書く(2) どのような内容を書くか
25.
レポートを書く(3) 資料を用意する
26.
レポートを書く(4) 書く順番(段落)を考える
27.
レポートを書く(5) レポート作成Ⅰ
28.
レポートを書く(6) レポート作成Ⅱ
29.
レポートを書く(7) レポート作成Ⅲ
30.
まとめ
成績評価の方法・基準
 授業参加度(50%)提出物(15%)期末試験(35%)によって評価します。
指定教科書、参考文献など
 『改訂版 留学生のための論理的な文章の書き方』 (スリーエーネットワーク)その他、必要に応じて参考書などを授業で紹介します。
履修上の留意点
 文章作成の科目なので、積極的に書いてみてください。文章を書くということに慣れていきましょう。
事前準備学習・その他
 授業の中で指示しますが、次回の授業の準備や、学習項目の整理をしてください。