HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
キャリア論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(さくらい えりこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
櫻井 恵里子
授業の目標 - 到達目標-
 キャリア関連の諸理論・アプローチを学ぶことで、自分自身のキャリアや身近な会社組織に当てはめ、考えを深め説明することができる。また産業組織心理学の組織行動分野のトピックスについて取り上げることで職場の諸問題についても自分事として説明できるようになることを目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本講義では産業組織心理学やキャリア心理学でのキャリア理論、ワークモチベーション、リーダーシップなどの実証研究について理解を深めます。キャリア理論だけでなく日本組織の特徴や課題について学びます。
授業の内容・講義手法の概要
・講義形式を中心に進めていきます。講義の進行状況に応じて演習(ワーク)を組み込む予定です。
・多様なキャリア形成のあり方を知るために外部講師を招聘する予定です。
授業の方法
 講義形式と演習(ワーク)中心に進めていきます。
授業計画
1.
オリエンテーション
2.
キャリア関連諸理論について①
3.
キャリア関連諸理論について②
4.
キャリア関連諸理論について③
5.
キャリア関連諸理論について④
6.
ワークモチベーション①
7.
ワークモチベーション②
8.
人的資源管理と人事評価制度①
9.
人的資源管理と人事評価制度②
10.
職場でのリーダーシップ①
11.
職場でのリーダーシップ②
12.
組織でのメンタルヘルスとサポート
13.
組織文化の形成
14.
グループ発表
15.
総括
成績評価の方法・基準
 講義中に配布するコメント票及び受講参加度(40%)、個人レポート(40%)、グループ発表(20%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 指定教科書は使用しませんが、参考文献に関しては、必要に応じて紹介します。
履修上の留意点
 講義中に、質問ができたり、意見が言えるなど議論への積極的な参加が望ましいです
事前準備学習・その他
 事前学習として次週のテーマの現状や課題を調べてくることとします。事後学習としては講義中に紹介した文献を読むことをすすめます。