HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
基礎演習(社会福祉) 2 通年 4
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(かげやま、しらい、まるやま) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
影山白井圓山
授業の目標 - 到達目標-
 ここの科目の主たる目的は以下の3点です。
1. レポートの書き方、情報収集の方法、マナー等、社会福祉における学びの基本を身につける
2. 国内外における社会福祉に関する課題や基礎的な事項についてテキストや視聴覚教材等を用いて学ぶ
3. 対人援助における基本的な援助技術を実際の現場に出て実践的に学ぶ
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本科目は、社会福祉に関する事柄を様々な方法を用いて幅広く学ぶことを通して、3年次以降の専門的学びに向けた準備段階と位置づけ、各自の関心、テーマ選定をより具体的に深めていきます。
授業の内容・講義手法の概要
 テキストや文献等を用いた理論的背景の学びと、ボランティア活動や施設見学、地域交流の機会を通した実践的関わりの両面から進めます。
 授業の具体的内容や進め方については、本科目の授業実施単位である「ゼミナール」ごとに特色を持っていますので、ゼミナール選択ガイダンスの際に各ゼミナールの方針を理解したうえで参加してください。
授業の方法
 講義、演習
授業計画
 前期は、主に社会福祉を勉強するにあたっての基本的な学びの態度を身につけるとともに、様々なワーク等を通じて、対人援助の基本となる「自己覚知」を促します。
 後期は、社会福祉の入門書となる文献の抄読を行うほか、ボランティア活動、施設見学、地域交流等の機会を通じて、幅広い福祉サービスの利用者との実践的関わりの機会を設けます。
成績評価の方法・基準
 成績の評価は「授業への貢献度」にて100%評価します。授業への貢献度とは、授業における発表・発言の内容、演習や活動に対する積極性です。
指定教科書、参考文献など
 各担当教員の指示に従ってください。
履修上の留意点
 ゼミナールは基本的に欠席・遅刻・早退は認められません。参加者相互が学び合う場であることを念頭に、学びの仲間の一員としてふさわしい参加姿勢を持ってください。
事前準備学習・その他
 事前・事後の学習に相応の時間を要する科目です。各担当教員の指示に従ってください。