HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
専門演習(ホスピタリティ・ツーリズム) 3 通年 4
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(おおの、かなざわ、さくらい、とくだ、はっとり、ばば、
もりや、やすだ)
学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
大野金澤櫻井徳田服部(裕)馬場森谷安田
授業の目標 - 到達目標-
 専門演習(ホスピタリティ・ツーリズム)では、「ツーリズム」「ホテル・フード」「ブライダル」「エアライン」「メディア」に関する知識およびスキルを習得、フィールドワークなどの体験を通し,自らの課題を発見してテーマを決め、問題を掘り下げることにより、4年次の卒業研究へとつなげていきます。自らのテーマに関する文献・資料の解読、データ分析、さらに、フィールドワーク、グループワークを通し、専門的視点からのポートの作成、プレゼンテーションを行う力を習得し、ホスピタリティ産業に従事するための基礎力から応用力を身につけることを目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 ホスピタリティ産業で必要となる知識、マネージメント、コミュニケーションスキル、ホスピタリティマインドなどを身につけ、プロフェッショナルとして日本や世界で活躍する人材の育成を目的とするホスピタリティ・ツーリズムコースの、4年次「卒業研究」での問題意識を明確化し、テーマを絞り込む段階となる科目です。
授業の内容・講義手法の概要
 「ツーリズム」「ホテル・フード」「ブライダル」「エアライン」「メディア」に関する特定テーマに関するレポート作成、グループワーク、ディスカッション、プレゼンテーションなどにより授業が行われます。また、課外活動として、ホスピタリティ産業現場視察(旅行会社・ホテル・レストラン・ブライダル施設・空港・メディア)、研修旅行(海外・国内・街歩き)、インターンシップ、ボランティアなど体験学習を、指導的な立場として実践します。さらに、ホスピタリティ・ツーリズムにかかわる上級の検定・資格の取得への指導を行います。
授業の方法
 講義、演習
授業計画
 前期、前半は「ツーリズム」「ホテル・フード」「ブライダル」「エアライン」「メディア」に関する専門資料、先行論文などを用いて、それぞれの学問分野における各産業の実態や課題を抽出します。後半は、課題から導き出されたテーマを絞り込み、文献調査、フィールドワーク、グループワーク、ディスカッションを通してテーマに対する理解を深化、課題の解決策を探ります。
 後期、前半はホスピタリティ産業現場視察、研修旅行などのフィールドワークを通した体験をもとに、ディスカッションを行い、報告書、企画書などの作成、プレゼンテーションを行い、それぞれの完成度を高めて行きます。後半は、それまでに得たホスピタリティ・ツーリズムに関する学問的な知識、課外活動の体験で得た産業界の実態や課題から、自らの4年次での卒業研究のテーマを絞り込み、本格的な研究準備をします。
 実施時期・実施方法は担当教員により異なりますが、次の課外活動を実施、体験を通して当該学問分野や企業活動に関する現状の理解と課題の発見を指導します。
・ホスピタリティ産業現場視察(旅行会社・ホテル・レストラン・ブライダル施設・エアライン・メディアなど)
・研修旅行(海外視察旅行・国内視察旅行・街歩きなど)
・インターンシップ(旅行会社・ホテル・レストラン・ブライダル施設・エアライン・メディアなど)
・ボランティア(イベント・地域活動・メディアなど)
成績評価の方法・基準
 成績の評価は「専門演習への貢献度」にて評価します。貢献度とは、授業における発表・発言の内容(40%)、課題への取り組みとその成果(40%)、課外活動への参加(20%) についての評価です。
指定教科書、参考文献など
 各教員の指示に従ってください。
履修上の留意点
 専門演習(ゼミナール) は基本的に欠席・遅刻・早退は認められません。
事前準備学習・その他
事前学習:専門分野に関する主体的な情報収集、専門書の講読、発表準備。
事後学習:テーマに関する資料・データ・情報の収集、課題の整理
その他:余暇時間を活用してのフィールドワーク。(旅行・街歩き・ホテル視察・レストラン体験など)