HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
専門演習(健康サービス) 3 通年 4
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(かとう、かねこ、たなべ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
加藤金子田辺
授業の目標 - 到達目標-
 専門演習(健康サービス)では、「健康・スポーツ」または「心理・セラピー」に関する専門性をさらに高め、4年次の卒業研究での学びにつなげていきます。この授業では、2年次の基礎演習で習得した知識や技能をもとに、関連サービスやプログラムの精査および新たなサービスの創出に必要な具体的な方法を学びます。これらの学びは、基礎演習同様、グループディスカッションや演習を通して行われますが、各自の知識・技能を積極的に他者と共有することを重視する他、各自の専門性をより深化させることも重要な到達目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 サービス経営学部では2年次から卒業年度まで、少人数制ゼミナールが必修になっており、これは本学の特色となっています。この授業は、健康サービスサブコースにおける「卒業研究(4年次)」に向けた基盤となる科目です。
授業の内容・講義手法の概要
 授業はテキスト(文献、記事、論文等)精読で得た知識をもとにしたディスカッション、グループ発表、演習、報告書(レポート)作成、健康サービス・プログラムの計画演習、報告会(口頭・ポスターなど形式自由)などの内容で進めます。授業の具体的な内容や進め方については、本科目の授業実施単位である「ゼミナール」ごとに異なるので、各ゼミナールの方針を理解したうえで参加してください。
授業の方法
 講義、演習
授業計画
 前期は主に、基礎演習によって習得した知識・技能をさらに発展させるために、教科書精読、ディスカッション、演習などを行い、興味のある健康関連サービスやプログラムの選定を行います。そして後期には、各自またはグループで、具体的なサービス・プログラムの精査を行い、より専門性の高いディスカッションおよびプレゼンテーションにつなげていきます。なお、学内外のイベント等への参加を予定するゼミナールでは、イベント等に合わせた日程で、上記と同内容の授業計画を個々に組み立てています。
成績評価の方法・基準
 ゼミナールは参加者が相互に学び合う場であり、目標達成に貢献する発言、発表などの積極的参加が期待されます。したがって、成績の評価は発表・発言の内容などの「授業への貢献度」(50%)、 課題(50%)で行います。
指定教科書、参考文献など
 各担当教員の指示に従ってください。
履修上の留意点
 ゼミナールは基本的に欠席・早退は認められません。参加者相互が学び合う場であることを念頭に、学びの仲間の一員としてふさわしい参加姿勢を持ってください。
事前準備学習・その他
 事前・事後の学修に相応の時間を要する科目です。各担当教員の指示に従ってください。