HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
財務会計論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(どうげ ともこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
道下 知子
授業の目標 - 到達目標-
 企業の経営活動に関する経済的側面について、総合的な知識を得るために優れた情報源泉は、企業の財務会計が生み出す会計情報です。そのために、この講義では、次の2点を理解することを総合的な到達目標とします。
(1)企業の財務会計が、どのようにして企業活動の実態を会計情報へ織り込むのか
(2)人々は、その会計情報をどのように利用して企業活動の実態を把握することができるのか
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 財務会計の目的は、株主と債権者など企業外部の利害関係者に対して、彼らがその企業を分析し、判断するために大切な情報である財務諸表を作成し、報告することです。それにより、公表された財務諸表を分析し、経営実態を正しく把握したうえで投資や取引などの重要な判断を下すため、財務会計の情報は重視されているのです。
 そこで、この講義では、財務会計の役割を理解したうえで、財務会計とその会計情報(財務諸表)の役立ち方と、基本的な内容を理解することを目標とします。このことから、財務諸表が報告する企業の財政状態、経営成績などを判断できる能力を身につけることが可能となります。
授業の内容・講義手法の概要
 この講義では、財務諸表について企業が営む主要な活動に焦点を当て、その結果が財務会計情報へと集約されていく過程を説明する形式で、財務諸表の作成プロセスを学修します。最終的には、実際に公表される財務諸表を基礎として、利用者が企業の経営分析を行う方法も学修します。
 講義方法は、指定教科書を前提に、配布レジュメをベースとした講義です。具体的には当日のテーマを概説し、各テーマの講義を行い(時に演習も含む)、最後に復習としてまとめをします。
授業の方法
 講義および演習ののち、講義内容を再度解説します。
授業計画
1.
講義、評価の方法及び科目の特徴
2.
会計の種類と役割  企業会計とは? 財務会計とは?
3.
財務会計のシステムと基本原則  損益計算と資産評価のルール
4.
企業の設立と資金調達  資金をどう調達するか?
5.
企業の仕入・生産・販売活動  主要な企業活動に関する財務会計の基本原則
6.
企業の有形固定資産と無形固定資産  取得価額の決定と減価償却の方法
7.
資金の管理と運用活動  本業をサポートする資金運用活動
8.
企業の税金と配当  確定決算主義と剰余金の配当
9.
財務諸表の作成と公開① - 財務会計情報の内容と意味①
10.
財務諸表の作成と公開② - 財務会計情報の内容と意味②
11.
財務諸表の作成と公開③ - 財務会計情報の内容と意味③
12.
財務諸表による経営分析① - 財務会計の利用法①
13.
財務諸表による経営分析② - 財務会計の利用法②
14.
財務諸表による経営分析③ - 財務会計の利用法③
15.
総まとめ
成績評価の方法・基準
 定期テスト70%、授業参加度(コメント票、講義への積極的な参加と貢献度など)30%により、総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
指定教科書: 初回の授業で指示します。また、毎回の講義では適宜レジュメを配布します。
履修上の留意点
 簿記論の内容を習得したうえで、履修してください。
事前準備学習・その他
 復習を心がけてください。ビジネス会計検定試験、日商簿記検定試験等の資格試験が実施されています。この授業を手掛かりとして検定試験にチャレンジすることを推奨します。