HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
財務会計論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(ので ゆうじ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
野手 裕之
授業の目標 - 到達目標-
 財務諸表がどのような考え方やきまりに基づいて作成されているかを理解することを目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 財務諸表は企業に関係する人たちがその関係を判断するための重要な情報源です。その財務諸表が、どのような目的のために、どのような考え方に基づいて作成されているかを理解することによって、実際の財務諸表を利用することが可能となります。
 これまで、簿記論において、財務諸表を作成するための技術を学びましたが、なぜ、そのような記録になるのかということにはきまりがあり、そのことを学ぶのがこの財務会計論の講義です。
授業の内容・講義手法の概要
 財務会計は、株主や債権者といった企業の外部にいる人たちの判断に役立つ情報(主に財務諸表)を作成し、報告することを目的としています。その目的のために、損益計算においては、単なる現金の収支に基づいた方法を採用していません。また、車両などの資産は中古車市場で下取価額があっても、そのような価額で貸借対照表に記載されていません。このような会計処理がどのような考え方で行われているのかということを各単元ごとにパワーポイントなどを用いて解説していきます。
授業の方法
 主に講義
授業計画
1.
講義、評価の方法および科目の特徴
2.
財務会計の特徴
3.
財務会計と会計基準
4.
損益計算の仕組み①(損益法、財産法、諸概念)
5.
損益計算の仕組み②(発生主義会計における収益)
6.
損益計算の仕組み③(発生主義会計における費用)
7.
資産の会計①(資産の性質と種類)
8.
資産の会計②(金融資産)
9.
資産の会計③(棚卸資産)
10.
資産の会計④(固定資産)
11.
負債の会計
12.
純資産(資本)の会計
13.
財務諸表の作成①
14.
財務諸表の作成②
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 期末テスト(80%)、コメント票(10%)、課題(10%)によって、総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 
履修上の留意点
 会計学概論を履修していることが望ましい。
事前準備学習・その他
事前準備 ユニプルーブ(イッツクラス)にて資料を印刷してください。
事後学習 授業の内容を整理してください。