HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
日本経済論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(すずき ひろと) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
鈴木 博人
授業の目標 - 到達目標-
 日本の経済について基本的な知識の習得を目標にします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 日本は「経済大国」といわれてきましたが、近年はデフレ、雇用問題、産業の「空洞化」など深刻な問題をいくつも抱えています。この講義では、「日本がなぜ経済大国になったのか」を考えることから始め、現在の諸問題がなぜ生じたのか、どのような解決策があるのか、といったことまで理解できるようにします。一般に「経済は難しい」というイメージがありますが、この講義は、こうした「恐怖感」の払しょくを大きな目的にします。
授業の内容・講義手法の概要
 経済は日々、変化しています。その動きを理解するためには、基本的な用語に加え、これまでの歴史を振り返る必要があります。この講義では、こうした基本事項を習得すると同時に、新聞、雑誌、電子媒体などの記事をフルに活用して、最新の情報をもとに「起こったことをすぐに理解できる」よう工夫します。
授業の方法
 
授業計画
1.
「アベノミクス」とは何か
2.
高度経済成長とバブル
3.
1990年以降の日本経済
4.
外国為替相場とは何か
5.
「株式」「株価」とは何か
6.
財政と税金
7.
「国債」の問題
8.
「少子高齢化」が経済に与える影響
9.
日本の雇用問題
10.
日本企業とグローバリゼーション
11.
家計・消費
12.
エネルギー問題
13.
日本の産業・企業問題
14.
外国経済と日本
15.
総括
成績評価の方法・基準
 期末試験(70%)、レポートの内容(20%)、平常店およびコメント表の内容(10%)。
指定教科書、参考文献など
 教科書は使いませんが、参考書などはその都度、紹介します。
履修上の留意点
 新聞、雑誌、電子メディアなどで最新の経済動向を把握する習慣を身につけてください。
事前準備学習・その他
 新聞などによって毎日、経済情報に触れることが肝心です。特に「株価=日経平均」「円ドル相場」は毎日欠かさずチェックすることが重要です。