HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
計量経済学 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(さとう ひろし) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
佐藤 浩志
授業の目標 - 到達目標-
 計量経済学の基本知識を習得し、最小2乗法、t検定を用いた分析を行う力を習得します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 計量経済学とは、経済学で学んだ理論に基づき、経済モデルを作成し、その妥当性に関する分析を行う学問です。この授業では計量経済学の最も基礎となる手法である最小2乗法およびt検定を学びます。初級経済学・中級経済学で学んだ理論を基に分析を行いますので、それらの応用科目となります。
 計量経済学は知識を習得するだけでなく、実際にデータを用いて分析をする力を身につけて初めて意味があります。本講義でも実際にデータを用いて自分自身で分析(演習)も行います。
授業の内容・講義手法の概要
 公表データ等を活用し、データの世界を知ることから始めます。それらのデータを処理する統計学を学びます。データの意味を把握しながら、例えば、投資や失業率等の予測を行うことも目指します。この講義では数学や統計学の知識が必須ですので演習はパソコンを用いて行います(コンピュータ室で行うことを想定していますが人数により変更となる場合もあります)。課題は2回実施する予定です。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
計量経済学とは
2.
回帰分析
3.
最小2乗法① データの整理
4.
最小2乗法② 最小2乗法と回帰直線
5.
最小2乗法③ 決定係数
6.
演習①(練習問題)
7.
正規分布
8.
t検定
9.
単回帰分析①
10.
単回帰分析②
11.
単回帰分析③
12.
重回帰分析①
13.
重回帰分析②
14.
予測
15.
演習②(練習問題)
成績評価の方法・基準
 ①課題 30%× 2、③期末試験 40%で判定します。
指定教科書、参考文献など
教科書: 『入門計量経済学―Excelによる実証分析へのガイド―』 (新世社) 山本拓 (2013)
履修上の留意点
 コンピュータ室での演習ではExcelを用います。基本的な使用方法を復習して置いて下さい。
 課題提出は期限厳守です。期日後の提出は、如何なる理由でも認められません。
事前準備学習・その他
 講義の最後に次回講義の予告をしますので、各自、教科書等を用いて予習を行って下さい。
 課題の内容は各回の講義の復習です。課題作成を通じてしっかり復習して臨んで下さい。