HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
財務分析(読替:経営分析) 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学部共通・選択必修
(くろさき むねひろ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
黒﨑 宗宏
授業の目標 - 到達目標-
 企業活動を財務諸表から分析・評価できるようになることを目的とします。具体的には次の事を目標とします。
(1)財務3表の内容を説明できる
(2)収益性、安全性、生産性等の指標を使い企業を分析できる
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 企業は経営資源(ヒト、モノ、金、情報等)を用い価値を創造する活動を行っています。その企業活動のある期間の結果が財務数値となります。財務諸表から企業がどのように経営資源を使い企業経営したかが分かり、さらに他の企業と比較評価することができます。財務分析結果は経営戦略やマーケティング戦略を立案する前提となり、戦略の有効性の確認にも使います。
授業の内容・講義手法の概要
 この授業では、配布プリントの基本問題を解くことで理解を深めます。財務分析の応用として投資評価及び企業評価の事例も説明し企業評価に関するケースを議論します。授業の最後に、理解度を確認するために講義に関するコメント票を課す場合があります。ケースに登場する経営者をゲスト講師として招き、実際の経験を説明してもらいます(予定)。
授業の方法
 講義及びケース討議
授業計画
1.
イントロダクション:財務分析とは?
2.
財務諸表の基本概念
3.
貸借対照表の見方(1)
4.
貸借対照表の見方(2)
5.
損益計算書の見方(1)
6.
損益計算書の見方(2)
7.
キャシュフロー計算書の見方
8.
収益性分析
9.
生産性分析
10.
安全性分析
11.
企業評価1
12.
企業評価2
13.
ケース討議準備
14.
ケース討議
15.
全体のまとめ
成績評価の方法・基準
 クラスでの発言・コメント票・ケース討議30点、中間・期末試験70点
指定教科書、参考文献など
指定教科書: 必要に応じ、授業で指定します。ケースは授業で配布します。
履修上の留意点
 質疑応答など授業への積極的な参加で理解度が深まります。またケース討議を行う事で社会人に必要な自律的に課題を発見し解決策を考える準備ができます。
事前準備学習・その他
 会計系列の科目で学習する「財務諸表」の基礎的理解を前提とします。