HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
観光サービス論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(やすだ のぶひろ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
安田 亘宏
授業の目標 - 到達目標-
 日本の観光や旅行、観光サービス産業の全体像を理解することによって、それらがもたらす社会的、経済的、文化的な効果と、私達の日々の生活との係わりについて学びます。また、観光業や旅行業におけるサービス、ホスピタリティのあり方を考えます。観光、旅行に関する基礎知識、観光サービス、地域振興についての実践的知識を習得し、観光学を学ぶベースとするとともに、社会人、企業人としての基礎的な教養のひとつとします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 観光という社会現象は、観光に係わるサービス業によって支えられています。本講義は観光学の入門講座であると同時に、観光サービスの視点から、観光ビジネス、旅行業、観光まちづくり、ニューツーリズムなどの今日的なテーマを中心とした実践的講義です。観光サービスの本質と、観光や旅行が果たす、社会的・経済的・文化的な役割、そこにおける「人」の重要性と求められるサービス、ホスピタリティについて考え、学びます。日本は、観光立国を宣言し、観光立国推進基本法のもとで、日本人の国内旅行、海外旅行、訪日外国人旅行の拡大に官民一体となって取り組んでいます。また、多くの地域が地域固有の観光資源を活用し、魅力ある持続可能な観光まちづくりに挑戦しています。その大きな流れを理解します。
授業の内容・講義手法の概要
 講義では観光、旅行に関する基礎知識、観光ビジネス、旅行業、地域振興についての実践的知識を体系的に学ぶことが基本になります。また、観光、旅行に係わる今日的な課題について考えてもらいます。さらに、観光、旅行関連の最新ニュース・情報から、社会情勢や経済動向との係わりについても考えていきます。テキストとパワーポイントを使って分かりやすく解説します。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義全般説明・観光サービス概説
2.
観光と観光サービス
3.
観光の歴史
4.
国内旅行
5.
海外旅行
6.
訪日外国人旅行
7.
観光行政
8.
観光ビジネス
9.
旅行業ビジネス
10.
宿泊業ビジネス
11.
観光交通ビジネス
12.
観光施設ビジネス
13.
観光まちづくり
14.
ニューツーリズム
15.
観光サービスとホスピタリティ
成績評価の方法・基準
・学期末試験の成績(60%)、平常点(授業参加度・小テスト・コメント票等)(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
・安田亘宏著『観光サービス論-観光を始めて学ぶ人の14章』古今書院(2015)
・講義内容によりプリントを配付します。
履修上の留意点
・テキストとパワーポイントで講義を進めます。講義内容をテキスト、ノートに書き留めることが必須です。
事前準備学習・その他
・事前学習については、講義予定のテキストの章を読んでおいてください。
・事後学習については、重要事項の整理をしてください。
・「世界遺産検定」「国内旅行業務取扱管理者」を受験することをお勧めします。